2022年1月25日火曜日

イエスを乗せて歩く人生は祝福に満ちている

 125() イエスを乗せて歩く人生は祝福に満ちている

すると、多くの人が、自分たちの上着を道に敷き、

またほかの人々は、

木の葉を枝ごと野原から切って来て、道に敷いた。


          マルコの福音書118

 


ろばの子がイエスのところへ引いて来られると、

多くの人々は、自分たちの上着をその上に掛けました。

イエスが乗られるからです。


またほかの人々は、

木の葉を枝ごと野原から切って来て、道に敷きました。

イエスが通られるからです。


ろばというのは荷物を運んだり、田畑の作業に使われます。

よく愚鈍なろばと言われますが、忠実に仕事をします。


でもろばの生涯の中で、

鞍をつけてもらうことも稀なのに、

このろばの子は上着をかけてもらい、

いつも畦道や泥道を歩くろばが、

木の葉を枝ごと切って敷かれている道の上を歩いて行ったのです。

イエス・キリストを乗せていたからです。



私たちも、

イエス・キリストをお乗せして人生を歩む時、

決して体験できない素晴らしい祝福と恵みの中を

歩むことができるのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿