2022年1月2日日曜日

今もいやしと奇跡をなされるイエス・キリスト

 12( 今もいやしと奇跡をなされるイエス・キリスト

盲人が見、足なえが歩き、らい病人がきよめられ、

つんぼの人が聞こえ、死人が生き返り、

貧しい者には福音が宣べ伝えられているのです。


       マタイの福音書115

 


捕らえられて獄中にいたバプテスマのヨハネは、

自分の弟子たちに託して、イエスにこう言い送りました。

「おいでになるはずの方は、あなたですか。

 それとも、私たちは別の方を待つべきでしょうか。」


それに対して、イエスはこう答えられたのです。

「あなたがたは行って、

 自分たちの聞いたり見たりしていることを

 ヨハネに報告しなさい。

 盲人が見、足なえが歩き、らい病人がきよめられ、

 つんぼの人が聞こえ、死人が生き返り、

 貧しい者には福音が宣べ伝えられているのです。

 だれでも、わたしにつまずかない者は幸いです。」


今でもイエス・キリストは、生きて働いておられます。

この終わりの時代に、

生まれつき目の見えない方の目を開き、

聞こえなかった人の耳を聞こえるようにされ、

話せない人たちが話せるようになる奇跡を

信じる者を通して行われます。


さらには

自分の足では歩けなくて車椅子の方や

現代の医学では治せない不治の病でも、

主イエスは触れてくださり、

いやしを成してくださるお方なのです。


たとえ死んでしまったとしても、

その人を死から生き返らせることの出来るお方です。



今は終わりの時、魂の大収穫が現される時です。


主イエスを信じて

その愛と力に満ちた

イエス・キリストの働きにともに携わり、

愛と命に満ちた救いの実・

いやしと奇跡のみわざを見せていただきましょう。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿