2021年12月28日火曜日

信じて行って、いやされた婦人

 12月28日(火) 信じて行って、いやされた婦人

「お着物にさわることでもできれば、きっと直る。」

と心のうちで考えていたからである。


        マタイの福音書9章21節



12年の間、婦人病をわずらっている婦人がいました。

彼女は多くの医者にかかりましたが、

何のかいもなく、かえって悪くなる一方で、

自分の持ち物をみな使い果たしてしまったのです。


それでも、イエスのことを耳にしたとき、

彼女は、イエス・キリストなら

きっと自分を直してくれると信じたのです。


それで群衆の中に紛れ込み、

うしろから、イエスの着物にさわりました。

「お着物にさわることでもできれば、きっと直る。」

と考えていたからです。


すると、触った瞬間、すぐに血の源がかれて、

ひどい痛みが直ったことを、からだ中に感じたのです。


イエスは、

自分のうちから力が外に出て行ったことに気づかれて、

群衆の中を振り向いて、

「だれがわたしの着物にさわったのですか。」と言われ、

それをした人を知ろうとして、見回しておられました。


彼女は恐れおののき、

自分の身に起こった事を知り、

イエスの前に出てひれ伏し、

イエスに真実を余すところなく打ち明けました。


イエスは彼女にこう言われた。

「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。

 安心して帰りなさい。

 病気にかからず、すこやかでいなさい。」


この女は、

たくさんの医者が治せなくても、

あきらめませんでした。

イエスなら直てくれると信じたのです。

イエスなら、

その着物に触ることさえ出来れば直ると信じたのです。


そして、その信仰を実行に移しました。

彼女は、イエスのところに行き

後ろからイエスの着物に触ったのです。

そのとき、即座にいやされました。


何人もの医者が治せなかった彼女の婦人病が

一瞬にしていやされたのです。

彼女が信じたからです。

そして信じた通りに行ったからです。



あなたもイエス・キリストを信じて

イエス・キリストに期待してください。

そしてあなたの信仰を実践し、

信仰の足を踏み出してください。

そのとき、

イエス・キリストはあなたに答え、

いやし奇跡を行い

イエスの大きな愛を現してくださいます。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。


0 件のコメント:

コメントを投稿