2021年12月6日月曜日

教会のかしらはキリスト

 12月6日(月) 教会のかしらはキリスト

また、神は、

いっさいのものをキリストの足の下に従わせ、

いっさいのものの上に立つかしらであるキリストを、

教会にお与えになりました。


       エペソ人への手紙1章22節



教会のかしら()はイエス・キリストです。


イエス・キリストは、

いっさいのものの上に立つかしらです。


そして神は、キリストの足の下に、

いっさいのものを従わせられたのです。



私たちは、

教会に立てられている牧師を尊敬し、

その神から与えられている権威に従い、

秩序を守ることは大切なことです。


しかし、

その牧師が教会のかしらではありません。

かしらは、イエス・キリストなのです。

すべての教会のかしらは

イエス・キリストなのです。


私たちが、

かしらが、キリストであることを

信じ、認めるとき、

教会は正しく力強く動き出します。


いっさいのものの上に立つキリストが

教会のかしらなのです。


このかしらであるキリストに願い求めて、

このかしらであるキリストに耳を傾け

聞き従って行きましょう。


教会は力強く前進し、

あなたも豊かに祝福を受け、成長して行きます。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。


0 件のコメント:

コメントを投稿