2021年10月25日月曜日

悔い改めて神の光と愛の中を歩く。

 10月25日(月) 悔い改めて神の光と愛の中を歩く。

「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」


       マタイの福音書4章17節



イエス・キリストが宣教を開始して

最初に語られた言葉は

「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」

でした。


「悔い改め」は、祝福を受ける鍵です。

悔い改めと聞くと懺悔といって

暗い宗教的なイメージを持っている方が多いようですが、

そうではありません。


悔い改めるというのは、

向きを変える、方向転換するという意味です。


太陽に背を向けて歩くと、

自分の影を踏みながら、歩かなければなりません。

歩けば歩くほど影は長くなります。


方向転換して、向きを変えて太陽に向かって歩くと、

影はできますが、太陽の光の中を歩くことになります。

歩けば歩くほど影は小さくなります。


太陽は神ではありませんが、

太陽を神だと考えるとよくわかります。

影は罪、

神を信じないで背を向けていると、

自分の罪の中を歩くのです。


しかし向きを変えて、

神を信じて神の方を向いて歩くと、

神の光と愛の中を歩くことができるのです。

罪はありますが、

罪の中を歩かなくてすみます。

そして歩けば歩くほど、

罪は小さくなり清められていくのです。


あなたも神を信じない生き方を悔い改めて、

神を信じて生きましょう。

イエス・キリストの十字架は

あなたが神を信じて歩く方向転換を

助け導いてくれます。


イエス・キリストの十字架を信じて

自分の罪を悔い改めるとき、

神の光の中を

神の大きな愛と恵みを受けながら歩く

新しい人生が始まります。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿