2021年10月7日木曜日

にこやかな笑顔

 10月7日(木) にこやかな笑顔

『今から後、主にあって死ぬ死者は幸いである。』

御霊も言われる。「しかり。

彼らはその労苦から解き放されて休むことができる。」


           ヨハネの黙示録14章13節



友人の父が天に帰りました。

95歳でした。

銀行マンで日本各地を

家族と共に駆け巡られた人でした。


息子さんがナイルクルーズで

宇宙飛行士のチャールズ・ズュークさんと出会い、

特に奥様のドティーさんという方が

輝いていたのをきっかけに友人となって、

彼はアメリカまで押しかけていき、

イエス・キリストと出会って信じたのでした。


チャールズ・デュークさんが

長崎に講演会に来られた時、

お父さんも来られ一緒に稲佐山に登り、

1000万ドルの夜景を見、食事を共にしました。


チャールズご夫妻のにこやかな笑顔を見て、

自分の硬い表情と全然違うと

お父さんは言っておられたそうです。


後にお父さんも

イエス・キリストを信じる祈りをされました。

イエス・キリストを信じて歩む時、

歳を重ねて年老いた時、

内側から輝きが出てきます。

それは表情に現れます。


あなたもイエス・キリストを信じて、

年老いた時、

にこやかな笑顔を浮かべる者になりましょう。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿