2021年9月16日木曜日

主の御心を受け取る低い砕かれた心

 9月16日(木) 主の御心を受け取る低い砕かれた心

「ほんとうに、私は主のはしためです。

どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」


       ルカの福音書1章38節



神であられたイエス・キリストが、

人となって地上に来られる時、

父なる神は処女マリヤを

その母として選ばれました。


もちろん、神に母はいませんが、

人となられたイエス・キリストの

母としてマリヤを選ばれたのです。


マリヤは神に選ばれるまで、

特に目立つような女性ではなかったと思います。

大都会のエルサレムにいたわけでもなく、

田舎のガリラヤの小さなナザレという

村に住んでいたのです。


主は、そのマリヤを選ばれました。

それは、御使いから聖霊によって

身ごもり神の子を宿すことを言われた時、

人々から誤解され中傷されても、

婚約者のヨセフが離れていったとしても、

その主の御心を受け取る

低い砕かれた心を持っていたからです。

(ヨセフは天使から主の言葉を受けマリヤと結婚します)


マリヤは御使いに答えています。

「ほんとうに、私は主のはしためです。

 どうぞ、あなたのおことばどおり

 この身になりますように。」と。



私たちもマリヤのように

主の御心を受け取る低い砕かれた心を

いただきましょう。


その時、

主はあなたを選ばれ、呼び出されて、

主の素晴らしい計画が

あなたの上に開かれ現れてきます。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。


0 件のコメント:

コメントを投稿