2021年9月13日月曜日

イエスは見て知っておられる

 9月13日(月) イエスは見て知っておられる。

「向こうの村へ行きなさい。

 そうするとすぐに、ろばがつながれていて、

 いっしょにろばの子がいるのに気がつくでしょう。

 それをほどいて、わたしのところに連れて来なさい。


        マタイの福音書21章2節



イエス・キリストは

エルサレム入場の時、

ロバの子に乗って入場されます。


そのロバの子を選ぶにあたって、

弟子をふたり使いに出して

「向こうの村へ行きなさい。

 そうするとすぐに、ろばがつながれていて、

 いっしょにろばの子がいるのに気がつくでしょう。

 それをほどいて、わたしのところに連れて来なさい。

 もしだれかが何か言ったら、

 『主がお入用なのです。』と言いなさい。

 そうすれば、すぐに渡してくれます。」

と言って遣わされました。


わざわざ向こうの村に遣わされたのです。

向こうの村のすぐのところにいる

ロバの子を呼ばれました。


このロバの子はおそらく、

誰も目にとめてもおらず、

気にもかけてなかったと思います。


しかし

イエスは知っておられたのです。

このロバの子が

毎日忠実に仕事をしていることを。


それで主イエスは、

このロバの子を呼び出されたのです。



あなたが今、

どこで何をしていたとしても

主イエスは

あなたのことを見て知っておられます。


誰もあなたに目を止めず

心をかけていなくても、

主イエスはあなたに目をとめ、

あなたの忠実を見ておられます。


そして、あなたを

一番大切な時に呼び出されるのです。


今いるそのところから

主は呼び出して下さるのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿