2021年7月24日土曜日

強いられる十字架は祝福への道

 7月24日(土) 強いられる十字架は祝福への道

そこへ、アレキサンデルとルポスとの父で、シモンというクレネ人が、いなかから出て来て通りかかったので、

彼らはイエスの十字架を、むりやりに彼に背負わせた。


        マルコの福音書15章21節



人生には、

なぜ自分がこんなことをしなければいけないのか、

と思いたくなるようなことがあります。


否応なく、

受け取らなければいけないことや

せざるをえなくこともあります。


クレネ人シモンはまさに、そういう状況でした。

田舎から祭りを見に都のエルサレムに登ってくると、

人だかりがするので、来てみると、

ちょうど人をかき分けて前にて出た時に

目の前に十字架の木が転がってきました。


そしてローマ兵に言われるのです。

それをイエスの代わりに「担いで運べ」と。

断ると殺されます。

彼はし仕方なく十字架を担ぎ運び出します。


でも、それが

彼がイエス・キリストに出会い、信じ、

彼とその家族が救われる最善の方法で主の導きでした。


私たちも無理やりに

強いられて背負う十字架があります。

でも、それは神の祝福を豊かに受ける近道なのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿