2021年7月2日金曜日

教会から遣わされる。

 7月2日(金) 教会から遣わされる。

彼らが主を礼拝し、断食をしていると、聖霊が、

「バルナバとサウロをわたしのために聖別して、

 わたしが召した任務につかせなさい。」と言われた。


         使徒の働き13章2節



アンテオケにある教会には、

バルナバ、ニゲルと呼ばれるシメオン、

クレネ人ルキオ、国主ヘロデの乳兄弟マナエン、

サウロなどという預言者や教師がいました。


彼らが主を礼拝し、断食をしていると、

聖霊が「バルナバとサウロをわたしのために聖別して、

わたしが召した任務につかせなさい」と言われたのです。


そこで彼らは、断食と祈りをして、

ふたりの上に手を置いてから、送り出しました。


パウロとバルナバは使徒ですが、

彼らも教会から遣わされたのです。

しかも聖霊の語りかけによって、任命されたのです。


働きは教会から遣わされることによって始まります。

そしてその語りかけと命令は

教会の頭であるキリスト、聖霊から来るのです。


私たちもしっかりと教会につながり、

とどまることによって、

頭なるキリストの語りかけを受け

聖霊から命じられて、

教会から遣わされていきましょう。


その時、豊かな実を結ぶ者とされていきます。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿