2021年6月9日水曜日

日々新たにされる内なる人

 6月9日(水) 日々新たにされる内なる人

ですから、私たちは勇気を失いません。
たとい私たちの外なる人は衰えても、
内なる人は日々新たにされています

   コリント人への手紙 第二4章16節


母が天に召されました。
もう一月と少しで89歳でした。

今から20年以上も前だったと思います。
母が乳がんになりました。
片方の胸を切る手術をしました。
手術は無事成功しました。

私が病院に、母を見舞い会いに行った時、
母は最後にこう言いました。
「真、見てみるか」
手術の後の胸を見てみるかというのです。
末っ子の私は、
母の胸にはずいぶんお世話になりました。
思わず私が「見せてくれる」というと、
母は寝具の胸を開けました。

驚きました。

手術して1週間近く経っていたのに、
胸の手術の後があまりにも痛ましくて、
思わず私は「もういい」
と言って目を逸らしました。

すると母は小さく笑い微笑みながら
こう言ったのです。

「真、情けないなー。
 あんた牧師やろー。
 聖書に書いてあるやん。
 外なる人は日々衰えても、
 内なる人は日々新たにされますって」

その言葉を聞いた時、
イエス・キリストを
信じていることの素晴らしさを、
信仰の深さと強さを思いました。

母はもう60歳ぐらいになっていたのでしょうか。
それでも女性なのです。
でも片方の胸を失い、
手術の後が生々しく痛ましくても、
笑顔で微笑んでいられる。

イエス・キリストの愛を
知っていることの素晴らしさは
本当に深く大きいのです。

このイエス・キリストの愛は
あなたにも注がれています。

あなたがイエス・キリストを信じる時、
この愛に出会います。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿