2021年5月1日土曜日

奇跡の妊娠

 5月1日(土) 奇跡の妊娠

「こわがることはない。ザカリヤ。

 あなたの願いが聞かれたのです。

 あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。

 名をヨハネとつけなさい。」


    ルカの福音書1章13節



祭司のザカリヤが、

主の神殿にはいって香をたいていると、

主の使いが彼に現われて、香壇の右に立ちました。


ザカリヤは不安を覚え、

恐怖に襲われましたが、御使いは彼に言いました。

「こわがることはない。ザカリヤ。

 あなたの願いが聞かれたのです。

 あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。

 名をヨハネとつけなさい。

 その子はあなたにとって喜びとなり楽しみとなり、

 多くの人もその誕生を喜びます。

 彼は主の御前にすぐれた者となるからです。

 彼は、ぶどう酒も強い酒も飲まず、

 まだ母の胎内にあるときから聖霊に満たされ、

 そしてイスラエルの多くの子らを、

 彼らの神である主に立ち返らせます。

 彼こそ、エリヤの霊と力で主の前ぶれをし、

 父たちの心を子どもたちに向けさせ、

 逆らう者を義人の心に立ち戻らせ、

 こうして、整えられた民を主のために用意するのです。」


ザカリヤの願い、

妻エリサベツの願いでもある子どもが、

男の子が与えられると言うのです。

名はヨハネ、

その子の使命まで明確に語られました。


しかし、年をとりすぎていたザカリヤは

素直に信じることは出来ませんでした。

ザカリヤは御使いに言います。

「私は何によってそれを知ることができましょうか。

 私ももう年寄りですし、妻も年をとっております。」


おそらく妻のエリサベツは、

もう子供は産めない体になっていたと思います。

ザカリヤが信じれなかったのも

わかるような気がします。


しかし、これは神からの言葉でした。

神は愛の方で、不可能は何一つないお方なのです。


天使の語った通り、

この後、妻エリサベツは身篭ります。

神の言葉はそうなるのです。


ザカリヤは信じなかったので、

この子が生まれるまで喋れなくなってしまいます。

しかし、子どもは与えられました。


神様は生きておられ

語られたことは、必ず成就し実現されます。


あなたにも神は語られます。

長い忍耐ののちに、語られた時、

素直な心で信じましょう。


たとえ信じれなかったとしても、

神が語られたなら、

その言葉は必ず成就するのです。

神は愛の方であり不可能のないお方、

約束したことを必ず守られる方なのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿