2021年4月30日金曜日

No.302 イエスの律法の解釈ー愛すること

イエスの律法の解釈ー愛すること

 4月30日(金) イエスの律法の解釈ー愛すること

「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、

  あなたの神である主を愛せよ。』


       マタイの福音書22章37節



ひとりの律法の専門家が、

イエスをためそうとして尋ねました。

「先生。律法の中で、たいせつな戒めはどれですか」


その時、イエスは彼こう応えられたのです。

「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、主を愛せよ』

 これがたいせつな第一の戒めです。

 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

 という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。

 律法全体と預言者とが、

 この二つの戒めにかかっているのです。」


これがイエス・キリストの律法の解釈です。

十戒も旧約の律法も、この2つにまとめられました。

「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、

 主を愛すること」と

「あなたの隣人をあなた自身のように愛すること」に。


私たちは律法を完全に守ることは出来ません。

しかしイエス・キリストは

律法を完全に守りきった上で、

十字架にかかり、

私たち一人一人の罪の贖いを

成し遂げてくださったのです。


この方を信じて心にお迎えする時、

主イエスが内住してくだいます。


私たちが、イエス・キリストを、

心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして愛し、

この方と共に歩んでいく時、

私たちは律法を守ることができるのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2021年4月29日木曜日

No.301 神を選ぶ者を神は選ばれる。

神を選ぶ者を神は選ばれる。

 4月29日(木) 神を選ぶ者を神は選ばれる。

招待される者は多いが、選ばれる者は少ないのです。


        マタイの福音書22章14節



イエス・キリストは、

すべての人のために十字架にかかり、

すべての人の罪を赦し贖いをなしてくださいました。


そして救いへと、すべての人を招かれています。

しかし、

その招きに応えて信じる者は少ないのです。


神は一人一人を愛しておられ、

最善の人生、最高の人生を用意しておられます。

そして、

その素晴らしい神の人生へ招いてくださいます。

しかし、

それに応えて神の人生を選ぶ者は少ないのです。


神は神を選ぶ者を選ばれます。

試験や基準があって、

合格点がないと選ばれないのではありません。


神の招きに応えて、

神を選ぶ者を神は選んでくださるのです。

そして

神に選ばれる者は

最高の人生、最善の人生を歩むことができます。


あなたも私も神の招きに応えて応答しましょう。


神を選び、神に選ばれる者となり、

神が用意された最善の人生を共に歩みましょう。

それは最高の人生です。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2021年4月28日水曜日

No. 300 教会の土台は祈り

教会の土台は祈り

 4月28日(水) 教会の土台は祈り

『わたしの家は祈りの家と呼ばれる。』


     マタイの福音書21章13節



イエスは言われました。

『わたしの家は祈りの家と呼ばれる。』


教会は祈りの家なのです。


もし教会が祈りを忘れると、

聖書を通して、自分を責め相手を裁き始めます。

神のみ言葉は希望であり福音なのですが、

それが律法となって自分を責め立て、

人を裁き始めるのです。


教会の土台に「祈り」をしっかりとおきましょう。

その時、

律法を全うされたイエス・キリストの愛の中で、

私たちは自分とお互いを赦し、

神の恵みの中で、愛し合うことができるのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2021年4月27日火曜日

No. 299 待たされても必ず答えられる

待たされてもも必ず答えられる

  4月27日(火) 待たされてもも必ず答えられる

私のことばは、その時が来れば実現します。


       ルカの福音書1章20節



祭司のザカリヤと妻のエリサベツは、

ふたりとも、神の御前に正しく、

主のすべての戒めと定めを落度なく踏み行なっていました。


エリサベツは不妊の女だったので、

彼らには子がなく、

ふたりとももう年をとっていました。


二人は子どもが与えられることを願っていましたが、

子供は与えられませんでした。

当時子どもが与えられることは神の祝福の現れでした。


二人は忠実に誠実に神に仕えていたのに、

この時まで、子どもが与えられなかったのです。

神の祝福を受けられなかったのです。


でも、それは神から裁かれたわけでも

見放されていたのでもありませんでした。


彼らが、女から生まれた者の中で

最もすぐれた者の父と母となるためだったのです。

彼らはイエス・キリストの道備えをする

バプテストのヨハネの両親に

ならねばならなかったのです。


だから、長い間待たされ

忍耐を身を持って学ばされたのです。



あなたも忠実に神に仕えていたのに答えられず、

長い間待たされていることがあるかもしれません。

でも主の時が来れば必ず答えられます。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2021年4月26日月曜日

No.298 あなたの心はどこにありますか。

あなたの心はどこにありますか。

 4月26日(月) あなたの心はどこにありますか。

自分の宝は、天にたくわえなさい。


    マタイの福音書6章20節



イエスは言われました。

「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。

 そこでは虫とさびで、きず物になり、

 また盗人が穴をあけて盗みます。」


私たちは地上のものに目をとめ、

そこに大切なもの、宝をたくわえてしまいます。

しかし、

それは永遠である天に

持っていくことはできません。


イエスは続けて言われました。

「自分の宝は、天にたくわえなさい。

 そこでは、虫もさびもつかず、

 盗人が穴をあけて盗むこともありません。」


自分の宝は天にたくわえなさいと言われました。

それは

「あなたの宝のあるところに、

 あなたの心もあるからです。」


私たちが何に心を向け、

何を大切にしているかは、

自分の大切にしているもの、宝を

どこにたくわえているかを見ればわかるのです。


私たちは、

この地上ではなく、

永遠に目をとめ、

天に宝をたくわえていきましょう。

それこそが価値ある生き方なのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2021年4月25日日曜日

No.297 愛、アガペーの愛

愛、アガーペーの愛

 4月25日(日) 愛、アガーペーの愛

愛は決して絶えることがありません。


    コリント人への手紙 第一13章8節



使徒パウロはコリントの教会に手紙を送りました。

その中で、愛について語っています。


愛は寛容であり、愛は親切です。

また人をねたみません。

愛は自慢せず、高慢になりません。

礼儀に反することをせず、

自分の利益を求めず、

怒らず、人のした悪を思わず、

不正を喜ばずに真理を喜びます。

すべてをがまんし、すべてを信じ、

すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。

愛は決して絶えることがありません。


これはよく結婚式で引用され語られるところです。

ここで語られている愛は

神の愛、つまりアガペーの愛です。


神の愛は、確かに決して耐えることはないのです。


残念ながら私たち人間は、

どんなに愛していても、

愛し続けることは難しいのです。

愛しているからこそ

憎しみが生まれることさえあります。


でも、それはアガペーではなく、エロスの愛なのです。

エロスの愛は奪う愛、自己中心の愛です。

しかし神の愛は与える愛、

惜しみなく与え、命まで与えられた愛なのです。


そして、この愛は人を、赦し、育み建てあげるのです。

その愛を生きて示してくださった方が

イエス・キリストです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます

2021年4月24日土曜日

No.296 キリストの光を輝かせる

キリストの光を輝かせる

 4月24日(土) キリストの光を輝かせる

あなたがたは、世界の光です。


   マタイの福音書5章14節



イエス・キリストは言われました。


「あなたがたは、世界の光です。

 山の上にある町は隠れる事ができません。」


イエス・キリストを信じている

私たちのうちには聖霊がおられ、

キリストが内住されています。


世の光であられる

イエス・キリストが内住しているので、

私たちも世の光、世界の光となるのです。


そのキリストの光を

私たちは隠すことなく、

人々の前に輝かせていきましょう。


その時、多くの人々が

そのキリストの光によって、

暗闇の中で希望を見出し、

救いを受けるのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2021年4月23日金曜日

No.295 人ではなく神の思いに生きる

人ではなく神の思いに生きる

 4月23日(金) 人ではなく神の思いに生きる

「下がれ。サタン。あなたはわたしの邪魔をするものだ。

 あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」


          マタイの福音書16章23節



イエス・キリストが、

地上に来られた最も大切な使命である

十字架と復活のことを弟子たちに示し始められた時、

ペテロは、イエスを引き寄せて、いさめて言いました。

「主よ。神の御恵みがありますように。

 そんなことが、あなたに起こるはずはありません。」


しかし、その瞬間、

イエスは振り向いて、ペテロにこう言われたのです。


「下がれ。サタン。

 あなたはわたしの邪魔をするものだ。

 あなたは神のことを思わないで、

 人のことを思っている。」


ペテロはイエスを愛していました。

大好きだったのです。

彼はイエスがメシア、

救い主であると信じていました。


でも、それは彼の考えていたメシア、

この地上の王国だったのです。

自分のための、

自分の考えた救いだったのです。


神は永遠の御国を、

朽ちることのない永遠の命を

人間に与えるために

イエス・キリストを

人として遣わし十字架につけられるのです。


ペテロは自分の考えも

自分が正しいと思っていることも

間違っていました。

それは人間の義、

人間を中心にした考えであり思いだったからです。


私たちはペテロと同じ失敗をしやすい者です。

私たちも自分ではなく、

神である主イエス・キリストを中心に置き

主イエスの言われることを聞き、

その言葉に従っていきましょう。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2021年4月22日木曜日

No.294 信じられないような奇跡

4月22日(木) 信じられないような奇跡

 4月22日(木) 信じられないような奇跡

しかし、ペテロはたたき続けていた。

彼らが門を開けると、

そこにペテロがいたので、非常に驚いた。


      使徒の働き12章16節



教会の祈りに答えて

ヘロデに捕らえられていたペテロは、

主の御使いに導かれ助け出されます。

そして彼らが安全な場所まで来ると、

御使いは、たちまちペテロから離れたのです。


そのとき、ペテロは我に返ります。

「今、確かにわかった。

 主は御使いを遣わして、ヘロデの手から、

 また、ユダヤ人たちが

 待ち構えていたすべての災いから、

 私を救い出してくださったのだ。」


こうとわかったので、

ペテロは、マルコと呼ばれている

ヨハネの母マリヤの家へ行きました。

そこで教会が

祈ってくれていることが分かったのです。


実際、そこには大ぜいの人が集まって、祈っていました。


ペテロが入口の戸をたたくと、

ロダという女中が応対に出て来ました。

ところが、ペテロの声だとわかると、

喜びのあまり門を開けもしないで、奥へ駆け込み、

ペテロが門の外に立っていることをみなに知らせました。

彼らは祈っていたにもかかわらず

「あなたは気が狂っているのだ」と言い信じません。

彼女は本当だと言い張りました。

そこで彼らは「それは彼の御使いだ」と言いました。

不信仰というより、

彼らは、答えられるはずもない

あり得ない不可能に向かって祈っていたのです。

だからすぐには信じられなかったのでしょう。


しかし、ペテロはたたき続けていました。

彼らが門を開けると、

そこにペテロがいたので、

彼らは非常に驚気に包まれました。


教会があり得ない不可能に向かって祈る時、

神はその御手を動かしてくださいます。

答えられた時、

すぐには信じられないような奇跡を、

教会の祈りを通して

神はあなたにも、あなたの愛する者にも

現してくださいます。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2021年4月21日水曜日

No 293 すると突然神が助け、救い出してくださる

すると突然、神が助け救い出してくださる。

 4月21日(水) すると突然、神が助け救い出してくださる。

すると突然、主の御使いが現われ、光が牢を照らした。


          使徒の働き12章7節




ヘロデがペテロを捕らえて牢に入れた時、

教会は彼のために熱心に祈りました。


すると、ヘロデが

ペテロを引き出して殺そうとしていた前夜、

ペテロは二本の鎖につながれて

ふたりの兵士の間で寝ており、

戸口には番兵たちが牢を厳重に監視されていました。


すると突然、

主の御使いが現われ、

光が牢を照らしたのです。


御使いはペテロのわき腹をたたいて彼を起こし

「急いで立ち上がりなさい」と言い、

鎖がペテロの手から落ちました。

そして御使いが

「帯を締めて、くつをはきなさい。」

「上着を着て、私について来なさい。」

と言うので、彼はそのとおりにし、

外に出て、御使いについて行きました。


彼には御使いのしている事が

現実の事だとはわからず、

幻を見ているのだと思っていました。

とても現実とは思えなかったのでしょう。

それほどあり得ないことが起こっていたのです。


そして第一、第二の衛所を通り、

町に通じる鉄の門までひとりでに開き、

助け出されます。



使徒の働きに出てくるキーワードに

「すると突然」というキーワードがあります。


ここでも、

すると突然の前は、

ペテロは捕らえられ、殺されてしまう直前でした。


ところが、

すると突然、

主の御使いが来て、

厳重に監視していたローマ兵も、

彼を縛っていた鎖も、

どんな分厚い扉も、

すべて通り抜けてしまうのです。


あなたの愛する方が

今、どんな困難な状況に置かれていても、

目に見えない憎しみや怒りに

囚われていたとしても、

あるいは悪習慣に縛られていても、

神はその鎖を断ち切り

解放して救ってくださるのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

No. 292. 教会があきらめず祈る時、奇跡は起こる!

2021年4月20日火曜日

教会があきらめず祈る時、奇跡は起こる!

 4月20日(火) 教会があきらめず祈る時、奇跡は起こる!

こうしてペテロは牢に閉じ込められていた。

教会は彼のために、神に熱心に祈り続けていた。


       使徒の働き12章5節



ヘロデ王は、ヨハネの兄弟ヤコブを剣で殺しました。

それがユダヤ人の気に入ったのを見て、

次にはペテロを捕えて牢に入れ、

四人一組の兵士四組に引き渡して監視させました。

それは、過越の祭りの後に、

民の前に引き出し殺そうと思っていたからです。


ペテロは牢に閉じ込められていました。

とてもとても厳重に閉じ込められていたのです。


しかし教会は彼のために、

神に熱心に祈り続けていました。


教会はあきらめなかったのです。


おそらくペテロは

ヤコブに続いて自分も殉教すると

覚悟を決めていたと思います。


しかし教会は

ペテロが助かるようにと祈っていたのです。


そして奇跡が起こりました。

ペテロは助かるのです。


教会の熱心な祈りが、

彼を縛っていた鎖を断ち切り、

彼を牢から解き放ったのです。


あなたの愛する者が

今、どこにいて、何に縛られ囚われていようと、

教会とともに神に祈るなら、

必ず神はあなたの愛する者を助けてくださいます。


奇跡は起こるのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2021年4月19日月曜日

No.291 十字架につけられた方

十字架につけられた方

 4月19日(月) 十字架につけられた方

なぜなら私は、あなたがたの間で、イエス・キリスト、

すなわち十字架につけられた方のほかは、

何も知らないことに決心したからです。


    コリント人への手紙 第一2章2節



パウロはコリントの教会に行った時、

すぐれたことば、すぐれた知恵を用いて、

神のあかしを宣べ伝えることはしませんでした。


彼はサンヘドリンの議員でしたから、

知恵も知識も豊富だったはずです。

しかし、

その豊富なすぐれた知恵と知識の言葉を

用いなかったのです。


というのはパウロが、

コリントの教会の人々の間では、

イエス・キリスト、

すなわち十字架につけられた方のほかは、

何も知らないことに決心していたからです。


それはコリントの教会の人たちの持つ信仰が、

人間の知恵にささえられず、

神の力にささえられるためでした。


イエス・キリストの十字架こそが

神の知恵であり、神の力だったのです。

パウロはそのことを知っていました。


だから、

キリストの十字架以外知らないことに決心し、

十字架を宣べ伝えたのです。


イエス・キリストの十字架によって、

あなたも愛され、赦され、救われるのです。



あなたはイエス・キリストに愛されています。

2021年4月18日日曜日

No.290 愛はあきらめない!

愛はあきらめない!

 4月18日(日) 愛はあきらめない!

しもべが立つのも倒れるのも、その主人の心次第です。

このしもべは立つのです。

なぜなら、主には、彼を立たせることができるからです。


         ローの人への手紙14章4節



人は今までの行いや態度で、

その人を評価してしまいやすいものです。


また取り返しのつかない失敗をしてしまったり、

何か重大な問題を起こしてしまうと、

もうその人はダメだと思って、

期待しなくなり見放してしまいます。


しかしイエス・キリストは、そうではありません。

主は心をご覧になり、

決して見放すことをせず、

忍耐と愛を持って、

その人を建てあげ、

その人を立たせてくださるのです。


神は愛の方であり、愛は決してあきらめません。

主はこの愛を持って、私たちを愛しておられます。


だから、あなたも私も、立たせてくださいます。


あなたはイエス・キリストに愛されています。

2021年4月17日土曜日

No.289 繁栄し栄える秘訣?

繁栄し栄える秘訣?

 4月17日(土) 繁栄し栄える秘訣?

この律法の書を、あなたの口から離さず、

昼も夜もそれを口ずさまなければならない。

そのうちにしるされているすべてのことを

守り行なうためである。

そうすれば、あなたのすることで繁栄し、

また栄えることができるからである。


       ヨシュア記1章8節



ヨシュアに神は何度も語られます。

「強くあれ、雄々しくあれ、

 私が共にいるから恐れてはならない」と。


そしてさらに命じられます。

「わたしのしもべモーセが

 あなたに命じたすべての律法を守り行なえ。

 これを離れて右にも左にもそれてはならない。」

「この律法の書を、あなたの口から離さず、

 昼も夜もそれを口ずさまなければならない。

 そのうちにしるされているすべてのことを

 守り行なうためである」と。


そしてさらに

「そうすれば、あなたが行く所ではどこででも、

 あなたのすることで繁栄し、

 また栄えることができる」と言われたのです。


律法の書とは、ここではモーセ五書です。

それを昼も夜も口ずさむとき、

守り行うことができる。


確かに信仰は聞くことから始まります。

みことばを聞くことにより、

私たちは律法を守り行うことができます。


しかし、残念なことに私たちには

完全に律法を守り行うことは出来ません。


でも新約の今は、希望があります。


イエス・キリストが人となってくださり、

律法を完全に全うし成し遂げて、

十字架にかかって下さったからです。

この十字架を信じるとき、罪が赦され、

キリストが信じる者の内に住んでくださり、

キリストとの義が私たちに与えられ

「義」とされるのです。


つまり、キリストを信じる信仰によって

律法を全うした「義人」と見ていただけるのです。

キリストを信じる信仰によって

私たちは義とされ繁栄し栄えるのです。


何という恵みでしょう。


この恵みの中を、

みことばに聞きながら

イエス・キリストと共に歩んでいきましょう。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。