2021年3月5日金曜日

人生の最後まで祝福してくださる神

 3月5日(金) 人生の最後まで祝福してくださる神

アブラハムは年を重ねて、老人になっていた。

主は、あらゆる面でアブラハムを祝福しておられた。


          創世記24章1節



アブラハムがイサクを与えられたのは100歳でした。

十分歳をとっていると思いますが、

さらに、それから彼は生き

175歳で生涯を閉じ天に帰ります。

息子のイシュマエルとイサクが彼を葬りました。


彼が年をとり、

老人になってからも

彼はあらゆる面で祝福されました。


75歳で、カナンの地に

神である主に従って行ったアブラハムは

神の祝福に、最後まで預かり続けたのです。


あなたも自分の罪を悔い改めて、

イエス・キリストを信じた時から

神の子となり、永遠の命が与えられています。

死んだ後に天国に行く事は間違いありませんが、

この地上でも、

その天の喜びと祝福に預かり続けて

生きることができるのです。


主イエスが用意してくださっている

あふれるほどの祝福を受け続けて生きましょう。



あなたはイエス・キリストに愛されています。

0 件のコメント:

コメントを投稿