2021年2月19日金曜日

ささげるとき返してくださる神

 2月19日(金) ささげるとき返してくださる神

神ご自身が全焼のいけにえの羊を備えてくださるのだ。


                       創世記22章8節



アブラハムがイサクと出かけて三日目に、

アブラハムが目を上げると、

神が言われた場所がはるかかなたに見えました。

それでアブラハムは若い者たちに

「あなたがたは、ろばといっしょに、ここに残っていなさい。

 私と子どもとはあそこに行き、礼拝をして、

 あなたがたのところに戻って来る」と言いました。


アブラハムは本気でイサクをささげるつもりでした。

でもここではっきりと

私と子どもとはあそこに行き、

 礼拝をして、あなたがたのところに戻って来る」

と言っています。


彼は信じていたのです。

必ず神はイサクを

灰の中からでも返してくださると。

復活の信仰を持っていたのです。


アブラハムは

全焼のいけにえのためのたきぎを取り、

それをその子イサクに負わせ、

火と刀とを自分の手に取り、

ふたりはいっしょに進んで行きました。


イサクは父アブラハムに話しかけて言いました。

「お父さん」すると彼は「何だ。イサク」と答えます。

サクは尋ねました。

「火とたきぎはありますが、

 全焼のいけにえのための羊は、どこにあるのですか」

アブラハムは答えました。

「イサク。神ご自身が

 全焼のいけにえの羊を備えてくださるのだ」

こうしてふたりはいっしょに歩き続けました。


ここでもアブラハムは言っています。

ご自身が全焼のいけにえの羊を備えてくださるのだ」と。


彼は信じていたのです。

神は必ず約束の子イサクを助け返してくださると。

アブラハムは信仰の告白をし続けました。

そしてその通りに、

神が全焼のいけにえを備えてくださり、

イサクは助かりアブラハムの手に返されるのです。



あなたも試練に会うことがあるでしょう。

約束のものを

ささげなければならないことがあるかもしれません。


でも神は必ずささげるとき返してくださいます。

そのことを信じてささげ、

返してくださることを告白し続けてください。

約束のものは、あなたの手に返ってきます。

あなたは神の真実と愛を知るでしょう。



あなたはイエス・キリストに愛されています。

0 件のコメント:

コメントを投稿