2021年2月10日水曜日

初体験のろばの子

 2月10日(水) 初体験のろばの子

「向こうの村に行きなさい。

 そこにはいると、まだだれも乗ったことのない、

 ろばの子がつないであるのに気がつくでしょう。

 それをほどいて連れて来なさい。」


      ルカの福音書19章30節



イエス・キリストが乗られたロバの子は、

まだ誰も乗ったことのないロバの子でした。

つまり、イエスが初めて乗せる人だったのです。


ロバの子は、

人を乗せるのは、

まったく初めてなので

どうすればいいかわかりません。


ですから、

イエスの言われる通り、

イエスの手綱に任せて

イエスの導かれるままに動き進んでいったのです。


そして、それが実は一番大切なことでした。


どんなに速く走れても、

どんなにうまく乗せれても、

乗られているイエスの言われるとおり

動き進んでくれなければ困るのです。


このロバの子は初めてなので経験もなく、

うまくイエスをお乗せできなかったかもしれません。


でも、イエスの言われる通りにするのです。

イエスの導きに従って動くのです。

それが一番必要なことでした。


あなたもイエスをお乗せして

イエスの言われる通りにしましょう。


その時イエス・キリストは

ご自由に働き、イエスの愛を現してくださいます。



イエス・キリストにあなたは愛されています。


0 件のコメント:

コメントを投稿