2021年1月15日金曜日

娘の問題は私の問題、娘を愛していたカナン人の女

 1月15日(金) 娘の問題は私の問題、娘を愛していたカナン人の女

「主よ。ダビデの子よ。私をあわれんでください。

 娘が、ひどく悪霊に取りつかれているのです。」


        マタイの福音書15章22節



このカナン人の女は

娘が悪霊に取り憑かれているので

解放して欲しいと

イエス・キリストのところに来ました。


でも「娘を解放してください」

「娘を助けてください」と言うのではなく

「私を憐んでください」と言っています。

この後にも「私を助けてください」と言っているのです。


つまり娘の問題は、

この女にとって自分の問題だったのです。

娘の苦しみは自分の苦しみであり、

娘の痛みは自分の痛みであったのです。


母親であったこのカナン人の女は、娘を本当に愛していました。


だから娘をではなく、私をと言いました。

娘の問題、娘の苦しみは、

自分の問題であり苦しみだったのです。


あなたにも愛する人がいますか。

その愛する人のために、主の元に行く時、

自分の問題として主の元に行っていますか。


あなたが自分の問題としていく時、

主は御手を伸ばしてくださいます。



イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿