2020年12月4日金曜日

御霊と御力の現れによる宣教

 12月4日(金) 御霊と御力の現れによる宣教

そして、私のことばと私の宣教とは、

説得力のある知恵のことばによって行なわれたものではなく、

霊と御力の現われでした。


       コリント人への手紙 第一2章4節



パウロはとても知識に富んだ人でした。

けれどもコリントの教会へ行った時、

彼は、すぐれたことば、すぐれた知恵を用いて、

神のあかしを宣べ伝えることはしませんでした。


パウロはイエス・キリスト、

すなわち十字架につけられた方のほかは、

何も知らないことに決心していたからです。


それはコリントの人々の信仰が、

人間の知恵にささえられるのではなく、

神の力にささえられるためでした。


そのためにパウロは、

弱く、恐れおののきながらも

説得力のある知恵のことばによってではなく、

霊と御力の現われによって宣教し、

神のことばを語ったのです。


十字架のことばは

滅びる人々には愚かであっても、

神を信じる人々には救いを受ける神の力です。


あなたも十字架を信じて、

このキリストの愛を受け入れ、

神の救い、永遠の命の祝福を受けましょう。



あなたはイエス・キリストに愛されています。


0 件のコメント:

コメントを投稿