2020年12月21日月曜日

十字架で父なる神に捨てられて叫ばれたイエス!

 12月21日(月) 十字架で父なる神に捨てられて叫ばれたイエス!

「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」

     マタイの福音書27章46節



イエス・キリストが十字架にかけられた時、

12時から午後3時まで、

全地が暗くなり暗黒が続きました。


そのとき、イエスは大声で

エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」

と叫ばれたのです。


これは

「わが神、わが神。

 どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」

という意味です。


つまり、イエス・キリストは

父なる神に捨てられたのです。


だから今までいつも

「アバ、父よ」と言っておられた方が

「わが神」としか呼べなかったのです。


キリストは本当なら

私たちが叫ばぬばならなかった叫びを、

私たちの代わりに、

罪の罰と裁きを引き受けて叫んでくださいました。


「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」

「わが神、わが神。

 どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」

と叫ばれて、

あなたと私の代わりに、

よみである地獄に、

父なる神に捨てられて落ちてくださったのです。


このイエス・キリストの十字架によって、

私たちは、赦され、救われ

地獄から購い出されたのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿