2020年12月13日日曜日

あなたと私の赦しを父に祈られたイエス

 12月13日(日) あなたと私の赦しを父に祈られたイエス

「父よ。彼らをお赦しください。

 彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」


         ルカの福音書23章34節



イエス・キリストは

十字架にかかられた時に

7つの言葉を語られました。


最初に語られたのが

「父よ。彼らをお赦しください。

 彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」

という言葉でした。


背中は鞭打たれ皮は剥げて

それが荒削りの十字架に食い込んでいたことでしょう。

人々の罵声と嘲りの中でイエスは、

その人々のために

父なる神に赦しを祈られたのです。


あなたと私の赦しを

父なる神に願い祈られたのです。

彼らは何をしているか自分でわかっていないのですと。

わたしがその罰と裁きを全て引き受けるので、

彼らを赦してあげてくださいと、

イエスき苦しみと痛みの極みの中で祈られたのです。


これは一度だけ祈られたのではありません。

何度も何度も父なる神に祈り願われました。


この祈りを通して、私たちは赦されたのです。

イエス・キリストの尊い命の代価によって、

私たちは赦され永遠の御国、

天国に行くことができるのです。



イエス・キリストはあなたを命をかけて愛されています。

0 件のコメント:

コメントを投稿