2020年11月30日月曜日

No.152. 感謝することは神が望んでおられる

感謝することは神が望んでおられる

 11月30日(月) 感謝することは神が望んでおられる

すべての事について、感謝しなさい。

これが、キリスト・イエスにあって

神があなたがたに望んでおられることです。


    テサロニケ人への手紙 第一5章18節



すべてのことについて感謝すること、

これは神がキリスト・イエスにあって

あなたに望んでおられることです。


感謝を通して

私たちは神の愛の奇跡、

イエス・キリストの十字架の逆転を

いつも見ることができます。


でも、

必ずマイナスがプラスに変わるので

感謝するのではありません。


確かに必ずマイナスがプラスに変わります。

でも、だから感謝するのではなく、

神が感謝することを望んでおられるので

感謝するのです。


もちろん感謝するとき、

神は必ずすべてのことを益としてくださり、

最善を現してくださいます。


でも時には忍耐を強いられる時もあります。


神が感謝することを望まれているので

私たちは感謝するのです。


このことを

私たちははっきりと覚えていましょう。


旧約聖書のダニエル書で

「私たちの仕える神は、火の燃える炉から

 私たちを救い出すことができます。

 王よ。

 神は私たちをあなたの手から救い出します。

 しかし、もしそうでなくても、

 王よ、ご承知ください。

 私たちはあなたの神々に仕えず、

 あなたが立てた金の像を拝むこともしません。」

と言って助け出された

シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴのように、

たとえそうでなくても、

すぐに益に変わらなくても、

いつまでも何も変わらないように見えたとしても

感謝するのです。


神の時が来れば必ず、

すべては益となり、

神の愛と栄光の現れを見るのです。



あなたはイエス・キリストに愛されています。

2020年11月29日日曜日

忍耐を通して愛と信仰の人となる!

 11月29日(日) 忍耐を通して愛と信仰の人となる!

その忍耐を完全に働かせなさい。


          ヤコブの手紙 1章4節



信仰は、しばしば試される時があります。

つまり、

祈っても、すぐに答えられなかったり、

約束の言葉が明確に与えられているのに、

全くその言葉は成就しそうに思えなかったり、

忍耐が試されるのです。


でも、信仰には忍耐はつきものです。


愛と信仰には忍耐が伴います。

忍耐のない信仰と愛は本物ではありません。


忍耐を通ることは、

その時は嬉しいものではありません。

できれば避けたいですし、

しんどかったり、辛かったりします。


でも、

その忍耐を完全に働かせるとき、

必ず時がきます。


約束の成就が与えられ、

祈りは答えられるのです。


して、忍耐をとおった者は、

何一つ欠けたところのない、

成長を遂げた、完全な者となり、

信仰の勇者、愛の人となれるのです。



今、忍耐を通されて試されていますか。


あなたはイエス・キリストに本当に愛されています。

2020年11月28日土曜日

No.150 教会でともに祈ると答えられる!

教会でともに祈ると答えられる!

 11月28日(土) 教会でともに祈ると答えられる!

あなたがたが、

わたしの名によって何かをわたしに求めるなら、

わたしはそれをしましょう。


    ヨハネの福音書14章14節



イエス・キリストは弟子たちに

「あなたがたが」と言われました。


もちろん一人で祈っても答えられます。


しかし、

この時「あなたがた」と言われたのです。


弟子たちがともに、教会として

キリストの名によって求め祈る時、

主イエスはそれに答え、

求めることをしてくださるのです。


お互いの家族、職場、学校の

あらゆる必要のために、

そして

教会の霊的、実際的、経済的必要のために、

キリストの名によって求めましょう。


主イエス・キリストは

ことごとく答えてくださいます。



イエス・キリストは、あなたを愛しておられるからです。

2020年11月27日金曜日

No.149 聖霊が助けてくださる。

聖霊が助けてくださる

 11月27日(金) 聖霊が助けてくださる

しかし、助け主、

すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、

あなたがたにすべてのことを教え、

また、わたしがあなたがたに話したすべてのことを

思い起こさせてくださいます。


       ヨハネの福音書14章26節



イエス・キリストを信じた時、

私たちのうちに聖霊が与えられます。


聖霊は助け主です。

自分でどうしてよいかわからない時、

どうしようもなくなった時、

聖霊はあなたを助け、

あなたを正しい道へと導いてくださる方なのです。


私たちの人生には

理解できないことが

許されることがしばばあります。

そんな時も聖書のみことばに光を当て、

私たちがわかるように教えてくださいます。


そして

イエス・キリストが語られたことを

思い起こさせてくださるのです。


聖霊は三位一体の神でもあられます。

この方が

キリストを信じる者の内に住んでおられます。



あなたはイエス・キリストに愛されています。

2020年11月26日木曜日

No. 148 キリストを信じる者は勝利する

キリストを信じる者は勝利する

 11月26日(木) キリストを信じる者は勝利する

兄弟たちは、小羊の血と、

自分たちのあかしのことばのゆえに彼に打ち勝った。

彼らは死に至るまでもいのちを惜しまなかった。


        ヨハネの黙示録12章11節



キリストを信じる者たちは

サタンである悪魔に勝利します。


小羊であるイエス・キリストの

十字架で流された血があるからです。

この血潮によって

キリストを信じる者は

圧倒的な勝利を得ることができます。


そして、

私たちのあかしのことばによっても勝利します。


キリストが

私たちを愛してなしてくださった

救い、癒し、解放、解決の業と愛を、

私たちが証する時、

敵である悪魔に打ち勝つことができるのです。


さらに

死に至るまでも命を惜しまなかった

殉教者たちの血は、

この地にキリストの勝利をもたらし、

リバイバルの種として用いられていきます。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2020年11月25日水曜日

No.147 キリストのことばに耳を傾ける

キリストのことばに耳を傾ける

 11月25日(水) キリストのことばに耳を傾ける

そのように、信仰は聞くことから始まり、

聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。


         ローマ人への手紙10章17節



信仰は、聞くことから始まります。

そして聞くこととは、

キリストについてのみことばを聞くことです。


私たちが聖書を読み、

神のことばに触れる時、

私たちの信仰は育まれ成長していきます。


神の言葉が語られている教会、

礼拝に行き、

語られているメッセージに耳を傾けるとき、

神の言葉が私たちの心に刻まれて、

信仰が芽生え建てあげられていくのです。


キリストについてのみことばに心を向け、

耳を傾けましょう。

キリストの言葉が私たちの信仰を育み、

勝利と祝福を

あなたと私の人生に与えてくれるのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2020年11月24日火曜日

7度川に身を浸してらい病がなおった!

7度川に身を浸して、らい病がなおった!

 11月24日(火) 7度川に身を浸してらい病がなおった!

そこで、ナアマンは下って行き、

神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸した。

すると彼のからだは元どおりになって、

幼子のからだのようになり、きよくなった。


         列王記 第二 5章14節



アラムの王の将軍であったナアマンは、

らい病にかかっていました。


彼はそのらい病を直してもらうため、

イスラエルに来て、

預言者エリシャの家の入り口に立ちました。


ナアマンは期待していました。

きっと預言者エリシャが出て来て、立ち、

イスラエルの神、主の名を呼んで、

らい病の上でエリシャの手を動かし、

らい病を直してくれると思っていたのです。


ところが、

エリシャは、ナアマンに使いをやって、こう言いました。

「ヨルダン川へ行って七たびあなたの身を洗いなさい。

 そうすれば、

 あなたのからだが元どおりになってきよくなります。」


ナアマンは怒り

ダマスコの川、アマナやパルパルは、

 イスラエルのすべての川にまさっているではないか。 

 これらの川で洗って、私がきよくなれないのだろうか。」

と言って、そこを去り怒って帰途につきました。


でも、そのとき、

彼のしもべたちが近づいて彼にこう言いました。

「わが父よ。あの預言者が、

 もしも、むずかしいことをあなたに命じたとしたら、

 あなたはきっとそれをなさったのではありませんか。

 ただ、彼はあなたに『身を洗って、きよくなりなさい。』

 と言っただけではありませんか。」


そこで、ナアマンは下って行き、

神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸しました。

すると彼のからだは元どおりになって、

幼子のからだのようになり、きよくなったのです。


ナアマンが、神のことばに従った時、

彼のらい病は完全に癒されました。

おそらく、

6度目までは何も起こっていなかったと思います。

それでも彼が神の言われた通り、

7度身を浸した時、完全に癒されました。

最後まで、神のことばに従ったからです。



あなたも神のことばを聞いた時、

プライドが傷つけられたり、

腹が立ち怒ることがあるかもしれません。


それでも、

それが神の言葉とわかったなら、従ってください。


神の言葉はあなたを生かし、癒して建てあげくれます。

そしてあなたの人生に

神が持っておられるすばらしい計画と愛が豊かに現されるのです。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2020年11月23日月曜日

No.145 信仰はイエスの言葉に従うこと

信仰はイエスの言葉に従うこと

 11月23日(月)  信仰はイエスの言葉に従うこと

「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」


          ルカの福音書5章4節



ペテロはイエスに言われた通り、

深みに漕ぎ出して、

網をおろして漁をしたので、

仲間の舟までいっぱいになる大漁になりました。


イエスの言葉に、神の言葉に従ったからです。


でも、ペテロは

イエスの言葉を信じていたのでしょうか。


ペテロは言っています。

「先生。私たちは、夜通し働きましたが、

 何一つとれませんでした。」と。

今から行っても無駄ですよ、

という思いが伝わってきます。


でもイエスが言われるので

もおことばどおり、

 網をおろしてみましょう。」と言って従い、

深みへと漕ぎ出していったのです。


つまり、

大漁になるなどとは

思ってもいなかったのです。


でもイエスの言葉に、命令に従ったので、

ぺテロは大漁という神の御業、

奇跡を見ることができました。


私たちも、

たとえ信じきれなくても、

神が語っておられると確信できたなら、

その神のことばに従いましょう。


そのとき、

必ず神の言葉の真実、

神の御業と奇跡を体験し、

神の愛を知るでしょう。



イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

2020年11月22日日曜日

No. 144 御座に座る方と小羊に

御座にすわる方と小羊への礼拝

 11月22日(日) 御座にすわる方と小羊への礼拝

「御座にすわる方と、小羊とに、

 賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように。」


         ヨハネの黙示録5章13節



父なる神は、天の御座にすわっておられます。

天国の王座に座しておられるのです。

その右におられる方、座しておられるのが、

ほふられた小羊であるイエス・キリストです。


父なる神と子羊なるイエス・キリストに向かって、

天と地と、地の下と、

海の上のあらゆる造られたもの、

およびその中にある生き物が


「御座にすわる方と、小羊とに、

 賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように。」


と言いながら、賛美と礼拝を捧げるのです。



自分の罪を悔い改め、

イエス・キリストの十字架と復活を信じる時、

このすばらしい天に

なたも行くことができるのです。



あなたは、イエス・キリストに、

永遠の愛をもって、愛されています。

2020年11月21日土曜日

ほふられた小羊イエス・キリスト

ほふられた小羊イエス・キリスト

 11月21日(土) ほふられた小羊イエス・キリスト

「ほふられた小羊は、

  力と、富と、知恵と、勢いと、誉れと、栄光と、

        賛美を受けるにふさわしい方です。」


         ヨハネの黙示録5章12節



旧約の時代、罪の贖い、罪の赦しは、

小羊を屠(ほふ)ることによって与えられました。

毎日、祭司は罪のためのいけにえを

捧げなければいけませんでした。


しかし

神のひとり子であるイエス・キリストが、

人となって地上に来られ、

全く罪のなかったイエス・キリストが、

私たち一人一人の罪の身代わりとなって

十字架で死んでよみにくだられた時、

私たちの罪は

完全に赦され贖いは完了したのです。


イエス・キリストが

屠(ほふ)られた小羊となってくださったのです。

そのほふられた小羊である

イエス・キリストこそ、

力と、富と、知恵と、勢いと、栄光と、

賛美を受けるにふさわしい方です。



ほふられた小羊であるイエス・キリストは、

永遠の愛をもって、あなたを愛しておられます。

2020年11月20日金曜日

No.142. 創造主であられる方

創造主であられる方

 11月20日(金) 創造主であられる方

「主よ。われらの神よ。

あなたは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です。 あなたは万物を創造し、あなたのみこころゆえに、

万物は存在し、また創造されたのですから。」


        ヨハネの黙示録 4章11節



天国で、天使たちは主を礼拝し賛美しています。

そして主に向かって言います。


「主よ。われらの神よ。

 あなたは、栄光と誉れと力とを

 受けるにふさわしい方です。

 あなたは万物を創造し、

 あなたのみこころゆえに、万物は存在し、

 また創造されたのですから。」


まさにその通りです。

私たちの主は、

天地万物を創造された方であり、

それを今も保っておられる方なのです。


主こそ、

栄光と誉れと力を受けるにふさわしい方です。


私たちは

人間に栄光を帰してしまうことがあります。

でも、栄光は主のものです。

天地万物を創られた

神であられる主こそ栄光を受けられる方です。

私たちを愛しておられる方こそ、

誉れと賛美、そして力を

受けるにふさわしい方なのです。



イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。


2020年11月19日木曜日

No. 141 天使たちと心を合わせて賛美し礼拝する

天使たちと声を合わせて賛美し礼拝する

 11月19日(木) 天使たちと声を合わせて賛美し礼拝する

「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな。

 神であられる主、万物の支配者、

 昔いまし、常にいまし、後に来られる方。」


       ヨハネの黙示録 4章8節



天国で天使たちは、いつも主を賛美し礼拝しています。

「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな。

 神であられる主、万物の支配者、

 昔いまし、常にいまし、後に来られる方。」と。


その天使たちの声に合わせて、

私たちが、この地上で真心から

「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな。

 神であられる主、万物の支配者、

 昔いまし、常にいまし、後に来られる方。」

と賛美し礼拝すると、天国が降りてきます。


そして天の臨在が注がれ、

喜びと命があふれ流れ出します。


教会に来て、

あなたも共に主を賛美し礼拝しましょう。

ともに天の喜びと命に満たされるように。



イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。


2020年11月18日水曜日

預言は大きな祝福

 11月18日(水) 預言は大きな祝福

なぜなら、

預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、

聖霊に動かされた人たちが、

神からのことばを語ったのだからです。


       ペテロ手紙 第一1章21節



イエス・キリストの十字架を信じて、

自分の罪を悔い改めると、聖霊が与えられます。


その聖霊様が、神からの言葉を、

私たちを通して語られるのが預言です。


もちろん、本当に神が語っておられるのか、

聖霊様に動かされて語っているのかは

吟味しなければいけません。


自分の思いや聖霊様ではない違う霊の声を

間違えて語ってしまうこともあるからです。


しかし、

本当に聖霊に動かされて語られた預言は、

その人の意見や考えではなく、神からの言葉です。


そして神のことばは、

私たちを建てあげ、慰め強め励まします。


そして神のことばは必ず成就します。

神は真実で愛の方なので、

約束されたことは、必ず成し遂げられるのです。


預言を通して受ける神の恵みと祝福は

とても大きなものです。

その祝福をともに受けていきましょう。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。