2020年8月5日水曜日

父なる神に呼びかける




だから、こう祈りなさい。

「天にいます私たちの父よ」

   マタイの福音書6章9節前半



イエス・キリストが教えてくださった祈り、
弟子たちに教えた祈り、
それはあの有名な「主の祈り」です。

天にまします我らの父よ。
願わくは、御名をあがめさせたまえ。
御国を来らせたまえ。
御心の天になるごとく、地にもならせたまえ。
われらの日用の糧を今日も与えたまえ。
我らに罪を犯すものを我らが赦すごとく、
われらの罪をも赦したまえ。
我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。
国と力と栄えは、ことごとく汝のものなればなり。
アーメン。

これが、
クリスチャンが
いつも教会で、礼拝で
祈っている「主の祈り」です。

この祈りは、
イエス・キリストがこう祈りなさいと
弟子たちに教えられた最も基本的な祈りです。
そして実は最高の祈りです。

どう祈っていいかわからないと言う人は、
まず、この「主の祈り」を
そのまま祈ることです。

そして、さらに、
この祈りを理解し味わって、
この「主の祈り」にそって祈ると、
祈りは深くなり、信仰も強められ、
祈りが応えられ始めます。

神が生きておられ、
あなたを愛しておられることを、
祈りの答えを通して、
はっきりと体験し知るようになるでしょう。



「主の祈り」は、
まず「天にいます私たちの父よ」と、
父なる神への呼びかけから始まります。


私たちの目を永遠に向け、
私たちの心を
地上のいろんな雑事から
永遠なる天におられる父なる神に向けるのです。

そのとき、天が降りてきます。
永遠が私たちの内側に現れてくるのです。

つまり
遠くにおられる神に祈るのではなく、
私と親しく交わり関わってくださる
私の神に祈るのです。

永遠なる方が
あなたのかたわらに来て、
あなたの祈りに耳を傾け、
あなたと親しく関わり
あなたの声を聞き
願いを聞いてくださるのです。
そこから祈りは始まります。


イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿