2020年8月3日月曜日

密室で神に祈る 




  あなたは、祈るときには

自分の奥まった部屋にはいりなさい。

   そして、戸をしめて、

隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。

     そうすれば、

隠れた所で見ておられるあなたの父が、

  あなたに報いてくださいます。


       マタイの福音書6章6節




イエス・キリストが
人として地上に生きておられた当時、
宗教指導者の祭司長やパリサイ人、
律法学者たちは
会堂や通りの四つ角に立って、
よく祈っていました。

それは人に見せるため、
人に見られるためでした。
自分たちがどんなに祈っているかを
人々に見せるために
彼らは祈っていたのです。

神の前に祈るのではなく、
人前で他人に聞こえるように、
聞かせるために祈っていたのです。
イエスは
彼らのことを偽善者と言い、
こう言われました。

また、祈るときには、
 偽善者たちのようであってはいけません。
 彼らは、人に見られたくて
 会堂や通りの四つ角に立って祈るのが
 好きだからです。
 まことに、あなたがたに告げます。
 彼らはすでに自分の報いを
 受け取っているのです。」

彼らは、人の賞賛や人からの栄誉、
つまり報いをすでに受けている。
だから神からの報い、
祈りの答えを見ることが出来ないのです。


祈りも施しと同じで、
人前で、人に見せるためにではなく、
神のみ前に捧げるものなのです。

自分の奥まった部屋に入り、
戸を閉めて、
神と一対一になって、
心を注ぎ出して祈るのです。

神は、
私たちの隠れている心も行いも
全部知っておられます。

隠れたところで、
神に全てを注ぎ出して、
正直に真実に願い求め祈るなら、
神は答えてくださいます。

あなたの心の叫びに、
豊かに応えて報いてくださいます。
あなたの祈りは聞かれます。
あなたの叫びは届きます。

神は、
あなたの祈りに耳を傾け、
豊かに報いてくださいます。
神はあなたの願いに
必ず答えてくださいます。

密室に入り、1人で祈ることは、
教会で共に集まって祈ることと共に、
とても大切なのです。

密室で1人で祈ることは、
教会に集まって共に祈ることと共に、
祈りの両輪なのです。

さぁ、自分の奥の部屋に行き、
戸を閉じて、祈りましょう。
神の応えと報いを受けましょう。

イエス・キリストはあなた

0 件のコメント:

コメントを投稿