2020年8月12日水曜日

赦しは祈りの鍵




私たちの負いめをお赦しください。

私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。


            マタイの福音書6章12節




日ごとの糧、
つまり毎日の必要を、
具体的に大胆に求めた後は
私たちの負いめをお赦しください。」
と神に負いめの赦しを求め祈ります。

この「負いめ」という言葉は
「罪」とも訳せる言葉なので、
私たちがいつも祈る「主の祈り」では
「我らの罪をお赦しください」と祈っています。

つまり、
自分の罪の赦しを願い求めているのです。
そして続いて
私たちも、
 私たちに負いめのある人たちを赦しました。」
と祈り、
「神が私たちを赦してくださったので、
 私たちも、私たちに負いめのある人、
 私たちに罪を犯した人を赦します」
と祈っているのです。


私たちは
自分自身のこのどうしようもない罪を、
イエス・キリストの十字架によって
完全に赦していただきました。

そして神は、
一度も罪を犯していない者と
同じ祝福を受けることができるように
してくださいました。

そのはかりしれない恵みと愛の中で、
今度は私たちが、
私たちに対して罪を犯す人を赦すのです。


この「赦し」は、
祈りにおいて、
とてもとても大切なことです。

「赦し」は
祈りが答えられる
大切な鍵の一つなのです。


あなたも私も、
イエス・キリストの十字架によって、
完全に赦されています。

だから、
私たちも私たちに対する人の罪を、
神の愛と恵みの中で、赦しましょう。

その時、祈りは必ず答えられます。
神は豊かに
あなたの祈りに答えてくださいます。



イエス・キリストは、あなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿