2020年8月11日火曜日

具体的に答えてくださる神




私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。


            マタイの福音書6章11節




イエス・キリストが
弟子たちに教えられた「主の祈り」

まず御名をあがめ、
御国が来、みこころがなるように、
つまり神のご支配が
この地上に現れるようにと求め祈ります。

そして、
ここから具体的な必要を
求める願い、祈りになります。

「私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。」

今日の糧、つまり今日も1日、
食事が与えられますように
ということですが、
今の日本では
たいていの場合は祈らなくても
食事にはありつけるのではないでしょうか。

ですから、
この祈りを切実にする人は少ないのです。
心が入らないからです。


私たち夫婦は新婚時代、
アルバイトをしようとした時、
神が語ってこられました。
「私があなた方を支えるかどうか、
 私により頼み、私に毎朝、
 必要を具体的に祈り求めてみなさい。
 私はあなたかだを支え必要を見たそう。」と。

それで毎朝、
主イエス・キリストの名によって
夫婦で真剣に祈りました。
家賃、水道光熱費、車の維持費、神学校の学費、
妻が妊娠していたので、その病院代、
そして毎日の糧、つまり食費、
すべての必要を、
具体的に、大胆に神に祈りました。

神は憐みと愛に満ちておられます。
怖いぐらい真実に、
とても具体的に見事に答えてくださいました。

でも一度だけ答えられなかったことがあります。
私たち夫婦の心が
とても高くなっていた時です。

でもその時でさえ、
失敗したあと、
心が高くなっていたことを悔い改めた時、
そのことさえも主は益としてくださり
大きな愛で覆って、
祝福に変えてくださったのです。



あなたにも、
いろんな必要があると思います。
毎日の食事だけではなく、
生活の中で出てくるいろんな必要を
大胆に具体的に神に求めるのです。
経済的なお金のことはもちろん、
健康、人間関係、お仕事や学校のこと、
勉強や営業の成績のこと等々、
毎日毎日、
今日の必要を、具体的に祈るのです。
遠慮せず、大胆に、
できるだけ具体的に数字を出して、
細かく求めてみましょう
主はその一つ一つに
怖いぐらい見事に真実に答えてくださいます。


イエス・キリストはあなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿