2020年8月10日月曜日

必ず答えられる祈り




御国が来ますように。

みこころが天で行なわれるように

地でも行なわれますように。


     マタイの福音書6章10節




イエス・キリストが教えてくださった祈り
「主の祈り」は、父なる神に呼びかけ、
父なる神の御名、
つまり名前をあがめ、ほめたたえて、
神の素晴らしさ主イエスの愛を深く味わい
信仰が引き上げられた後に
「御国が来ますように」と続きます。

御国とは
「天の御国」「神の国」、
つまり天国のことですが、
これは、
この世であるこの地上ではなく、
天にあります。

この地上は、
神から人間に支配権が委ねられていました。

ところが、
神に最初に創造されたアダムが、
蛇であるサタンにだまされ、
神に背いて
「善悪の知識の木」を食べて罪を犯して以来、
人間からサタンが、
この世の支配権を奪い、
支配するようになりました。

今はサタンが、
この世である地上を支配しています。
もちろん、神の許しのもと、
神の許される範囲でですが・・・

そのサタンが支配しているこの世に、
この地上に
御国、神の国である天国が来るように、
祈りなさいと、主イエスは言われたのです。

御国、天の御国である天国では、
神が完全に支配されています。

つまり、
サタンが支配しているこの世である地上にも、
神の御支配が完全に現されるように
ということです。

もう少しわかりやすく言うと、
毎日の生活の中で起こってくる
様々な問題やトラブル、困難や試練、
その中に、神のご支配が現されて、
完全な解決と勝利が与えられ、
神の愛を深く大きく知ることができるように
という祈りなのです。


さらに、
そのことをハッキリと願い告白しているのが続く
「みこころが天で行なわれるように
 地でも行われるように」と言う祈りです。

みこころとは、神の御心、
つまり神の計画や御思いが、
天で行なわれるように、
この地上でも行なわれますようにという願いです。

天は神のご支配されているところなので、
神のみこころが行われるのは
当たり前と言うか当然のことです。

その天と同じように、
サタンが支配しているこの世である地上でも、
神の御心が行われるようにという
願いであり祈りなのです。


神の計画、
愛と恵みにあふれておられる
父なる神の一人ひとりに対する計画や御思いが、
この地上で、
サタンの妨害や攻撃を打ち破り、
サタンに妨げられることなく、
豊かに現され具体的に完全に行われるように、
祈りなさいと
主イエスは教えられ命じられました。

この祈りは必ず聞かれます。
イエス・キリストが
教えられ命じられた祈りだからです。


どんなにサタンが
あなたの人生を破壊していたとしても、
あなたの家族や愛する者を惑わしと混乱させ、
憎しみや痛みを与えていたとしても、
あなたが
この祈りを心から捧げ祈り続けるなら、
必ず主イエスの圧倒的な勝利が現され、
あなたは神の愛の大きさと深さを知り
心が震えることでしょう。

この祈りは答えられます。


イエス・キリストはあなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿