2020年7月21日火曜日

相続地を受け継ぐ祝福



柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。

           マタイの福音書5章5節



「柔和な者」というのは「へりくだった者」
あるいは「謙遜な者」と訳せる言葉です。

もう少しわかりやすくいうと
「優しい人」と言ってもいいかもしれません。
ただ「優しい人」というと、
なんとなく弱々しさを感じますが・・・


ここで使われている柔和というのは、
旧約聖書の中で最も偉大な人物の1人、
モーセにの特質として書かれています。

旧約聖書の中の民数記というところには、
「モーセは地上の誰にもまさって
 非常に謙遜であった」と書かれています。

モーセは、イスラエルの民を、
神に従って出エジプトさせた指導者です。


彼は40年間、
エジプトで王子として最高の生活をし、
帝王学を学びました。

ところが、40歳になった時、
同胞のユダヤ人を助けるために
エジプト人を殺してします。
その結果、彼は荒野に逃げて、
40年間荒野で過ごすことになるのです。

しかしこの荒野の40年が、
彼を地上で誰にもまさって
非常に謙遜な、柔和な人にしたのです。

その後、
彼はイスラエルを出エジプトさせる
という彼の本来の使命が開かれるのです。



あなたも荒野に置かれる時があるでしょう。
もしかしたら、
今そうなのかもしれません。

荒野は、
あなたにとって、
きっと嬉しいことではなく、
辛い嫌なことでしょう。

でも、
今のあなたに分からなくても、
あなたを真に柔和な
謙遜な人にしてくれる場所なのです。

この荒野を通り抜けた後、
必ず神が用意しておられる
受け継ぐべき地があるのです。

神が与えてくださる相続地、
受け継ぐべき地を、
この終わりの時代、
黙示録が近づいた大収穫の時に、
荒野を通り抜けて受けていきましょう。

神が許された荒野の中で、
謙遜と柔和を身につけて・・・


イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿