2020年5月31日日曜日

イエス・キリストの名を呼ぶ



主の名を呼ぶ者は、みな救われる。

       使徒の働き2章21節



教会が生まれた日、
つまりペンテコステの日に
聖霊が弟子たちに臨んだ時、
怯えていたペテロは
大胆にメッセージをしました。
殺されるかもしれないと、
怖くて仕方なかった
同胞のユダヤ人たちに
死をも恐れず説教しました。

そして最後にこういったのです。

「主の名を呼ぶ者は、みな救われる。」

主の名とは、
イエス・キリストのことです。

イエス・キリストの名を呼べは、
救われるのです。

ペテロはそれを体験し、知っていました。
彼の言葉には力がありました。

インターネットもマイクもなかった時代に、
このメッセージで
3000人が救われ弟子となったのです。

主の名を呼べば救われます。
イエスの名を呼べば、いやされます。
キリストの名を呼べは、解放されます。
イエス・キリストの名を呼べは、救われるのです。

どんな問題も、困難も、試練も、
イエス・キリストの名を呼べは
救われるのです。

あなたも
イエス・キリストの名を呼んでください。
必ず救われます。

イエス・キリストは、
あなたのために十字架にかかられました。
だから救われます。

イエス・キリストは
あなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿