2020年5月28日木曜日

神を賛美する力


いつも宮にいて神をほめたたえていた。

        ルカの福音書24章53節



イエスが
弟子たちを祝福しながら
天に昇って行かれた後、
弟子たちは
非常な喜びを抱いて
エルサレムに帰って行きました。

イエス・キリストに祝福されると、
とてつもなく大きな喜びが
注がれてくるのですね。

そして弟子たちは、
エルサレムで
いつも宮にいて
神をほめたたえていました。

喜びがあふれ、
神を賛美せずには
いれなかったのでしょう。

ペンテコステの日に
聖霊が注がれるまで、
弟子たちは共に集まって
祈るのと共に、
神の宮で賛美し
神をほめたたえていたのです。

だから、
あんなに恐れていた
ユダヤ人や指導者たちがいても
共に集まって
祈り続けることができたのでしょう。

そして聖霊の注ぎかけを
豊かに受けることができたのです。

神の宮、今で言えば教会ですね。
教会で神をほめたたえる。
神を賛美する。

あなたも教会に来て、
あるいはLINEやZOOM等で
共に神をほめたたえ賛美しましょう。

私たちの愛する
イエス・キリストの御名を
賛美しほめたたえましょう。
必ずあなたは喜びに満たされ、
神の愛に包まれることでしょう。

イエス・キリストは
あなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿