2020年5月26日火曜日

天国に行くことは最高の祝福


もし、

あなたの足があなたのつまずきとなるなら、

それを切り捨てなさい。

片足でいのちにはいるほうが、

両足そろっていてゲヘナに投げ入れられるよりは、

あなたにとってよいことです。

                              マルコの福音書9章45節


死は終わりではありません。
天国は本当にあります。

誰もが天国に行けるわけではありません。

いえ、それどころ、
人は誰一人として
天国に入ることはできないのです。

死は滅び、地獄、
ゲヘナへの旅立ちなのです。

しかし、イエス・キリストが、
私たちが自分で
どうすることもできない罪の身代わりに、
十字架ですべての罪を背負い、
罰と呪いと病気を身代わりに
引き受けて死んでくださったので、
私たちが自分の罪を悔い改め、
イエス・キリストの十字架を信じたとき、
天国への道が開かれるのです。

イエスは言われました。
「もし、あなたの手が
 あなたのつまずきとなるなら、
 それを切り捨てなさい。
 片手でいのちにはいるほうが、
 両手そろっていてゲヘナの
 消えぬ火の中に落ち込むよりは、
 あなたにとってよいことです。
 もし、あなたの足が
 あなたのつまずきとなるなら、
 それを切り捨てなさい。
 片足でいのちにはいるほうが、
 両足そろっていて
 ゲヘナに投げ入れられるよりは、
 あなたにとってよいことです。
 もし、あなたの目が
 あなたのつまずきを引き起こすのなら、
 それをえぐり出しなさい。
 片目で神の国にはいるほうが、
 両目そろっていてゲヘナに
 投げ入れられるよりは、
 あなたにとってよいことです。
 そこでは、彼らを食ううじは、
 尽きることがなく、
 火は消えることがありません。」と。

片手、片足、片目になっても、
ゲヘナ、地獄に行くよりは
天国に行くことが
はるかにまさっていると。

そうなのです。
天国に行く。
それに勝る喜びと祝福はありません。

もちろん、この地上でも
主イエスは祝福してくださいます。

でも、永遠の祝福、
天にまさるものはありません。

主イエスを信じて永遠の命を得、
天国のものとなりましょう。

イエス・キリストは
あなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿