2020年4月14日火曜日

夜を通った後に聞いたイエスの言葉


イエスは彼らに言われた。

「舟の右側に網をおろしなさい。そうすれば、とれます。」

そこで、彼らは網をおろした。

すると、おびただしい魚のために、

網を引き上げることができなかった。

     ヨハネの福音書21章6節



イエス・キリストは復活されて後、
弟子たちのところに来られましたが、
テベリヤの湖畔で、
もう一度ご自分を
弟子たちに現わされました。

その現わされた次第はこうです。
シモン・ペテロ、
デドモと呼ばれるトマス、
ガリラヤのカナのナタナエル、
ゼベダイの子たち、
ほかにふたりの弟子がいっしょにいました。
7人の侍ではなく7人の弟子たちですね。

シモン・ペテロが他の弟子たちに
「私は漁に行く」と言うと、
他の弟子たちも
「私たちもいっしょに行きましょう」
と一緒に出かけて、小舟に乗り込みました。

しかし、その夜は何もとれなかったのです。
全く1匹もです・・・

夜が明けそめたとき、
イエスが岸べに立たれて
弟子たちに声をかけられます。
けれども弟子たちには、
それがイエスであることがわかりませんでした。

イエスは彼らに
「子どもたちよ。食べる物がありませんね」
と言うと、彼らは
「はい。ありません」と答えました。

するとイエスは彼らに

「舟の右側に網をおろしなさい。
 そうすれば、とれます」

と言われました。
彼らは言われた通り、網をおろしました。
すると、おびただしい魚のために、
網を引き上げることができなくなったのです。

網を陸地に引き上げると
153匹の大きな魚でいっぱいでした。
それほど多かったけれども、
網は破れなかったのです。
私は個人的に、
あと1匹取れていたら
網は破れていたと思っています。
つまり、
これ以上取れない最高最大の
大きな魚が取れたのでしょう。

かつて漁をしていた
ガリラヤ湖の漁師なら必ず取れる
と思っていたペテロたち、
ところが一匹も取れない夜を通ります。

昔出来たはずのことまで
出来なくなってしまった弟子たち。
落胆は大きかったことでしょう。
体も心も疲れきったその時に、
イエスが言葉を語られたのです。
その言葉に従った時、大漁になりました。

あなたの人生にも、
本当に弱くされて
何をしてもうまくいかない夜を
通ることがあります。

一匹も取れなかった弟子たちのように、
もうどうしようもない、
全くどうにもならなくなってしまうことがあります。

でもそんな時、
イエス・キリストは岸辺に立たれ、
あなたに語ってくださるのです。

その言葉は静かであっても
愛と力に溢れています。
その言葉に従うとき、
イエスの権威と力を
あなたは見ることでしょう。

そして
主イエスの愛の大きさに
驚き心が震えることでしょう。

イエス・キリストは、
あなたを愛しておられます。
そして、
イエス・キリストは、
あなたを決して見捨てることはありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿