2019年12月31日火曜日

死こそ祝福への道、最善最高の道


兄弟たち。私にとって、毎日が死の連続です。

これは、私たちの主キリスト・イエスにあって

あなたがたを誇る私の誇りにかけて、

誓って言えることです。

       コリント人への手紙 第一 1531



この聖書の言葉、みことばは、
かつて長崎エルサレム教会にいた方が
携帯とパソコンの待ち受け画面に
書いていたみことばです。
彼はそのあと、東京に遣わされ、
いま東京アンテオケ教会で牧師の一人として
とても祝福されて用いられています。
彼にとって長崎にいる時は、
毎日が死の連続だったのでしょう・・・???
というと、長崎にいたときは
とても大変だったと思われるかもしれません。
確かに楽な毎日ではなかったことでしょう。

でもパウロは、
このみ言葉の後にこう続けています。
「これは、
 私たちの主キリスト・イエスにあって
 あなたがたを誇る私の誇りにかけて、
 誓って言えることです。」と。
言い換えればパウロはあなた方、
つまりコリントの人たちを本当に愛しており、
毎日、その愛のゆえに死を選び続けたことは
自分の誇りだと言っているのです。
自分に死ぬとは、つまり、
自分のやりたいことをするのではなく、
主イエスが導かれること
言われることに従いそれをする、
自分のやり方や考え方を捨てて、
主キリストが導かれる方法でする
ということです。

でもそれは自分にとっても
相手にとつても一番いいのです。
ただそのとき、
確かに私たちは自分のプライドや
自分中心の生き方に
死ななければいけません。
主イエス・キリストが
一番となり、中心となるからです。
でもそれこそが最高の生き方、
最善の道であることは
のちになれば明らかになります。
そして決して後悔しないことでしょう。
それどころか、最高の宝物になります。

彼にとって
長崎で死を毎日通ったことは、
彼の人生の宝物になったことでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿