2019年9月23日月曜日

あなたの汚れを引き受けてくださるイエスの十字架

イエスは手を伸ばして、彼にさわり、

「わたしの心だ。きよくなれ。」と言われた。

すると、すぐに彼のらい病はきよめられた。

          マタイの福音書83


イエスは、らい病人の人をきよめ癒される時、
すぐに「わたしの心だ。きよくなれ」とは言われないで、
まず手を伸ばしてらい病の人にさわり、
それから「わたしの心だ。きよくなれ」と言われました。
これはとても大切なことです。

当時、らい病の人に触れれば、
その人も汚れると言われていました。
イエス・キリストは、このらい病人にふれなくても
「わたしの心だ。きよくなれ」と言えば、
この人は即座にきよめられ癒されたでしょう。
しかしイエスはあえてまず、
このらい病人に手を伸ばして触れられたのです。

それはこの人をらい病のままで
イエス・キリストは愛しておられたからです。

もちろん、イエスはらい病をきよめられ癒されます。
でもきよめられ癒されたから愛されたのではありません。
らい病のままで愛されたのです。
汚れた病であるらい病のままで
イエスは愛されていたのです。
だから、愛するこの人を、
らい病のままにしておくことは出来なかったのです。

主イエスが
「わたしの心だ。きよくなれ」と言われたのは、
あなたがきよめられらい病から解放されることは
わたしの心、すなわち主の御心だということです。

もう一つ、イエスは、
この人のらい病を自分の身に引き受けられたのです。
手を伸ばして、
このらいに触れ、自らが汚れたものとなり、
この人の汚れを引き受けられたのです。
旧約において、
羊や牛に手を置き、自分の罪を告白して、
それから生贄(いけにえ)として全焼、
すなわち丸焼きにしました。
自分の罪が赦されるための贖い、
つまり生贄(いけにえ)とてしてです。

イエスは、
この人のらい病という汚れに手を触れ、
自分の身に引き受けて、
この人をきよめ癒されたのです。

それがはっきりと現されたのが
「十字架」です。
イエスは、彼を愛していました。
らい病のまま愛していました。
だから彼のらい病に触れ、
そのらい病という汚れを自ら引き受け、
彼をきよめて癒されたのです。

イエス・キリストは、
あなたにも同じようにしてくださいます。
あなたがどんな失敗をしても、
どんな罪を犯したとしても、
どんな病気に犯されていたとしても、
どれほど汚れていたとしても、
イエス・キリストは
あなたをそのままで愛してくださり、
あなたに手を伸ばして、
その罪、病気、汚れに触れて、
あなたの身代わりに
その罪・病気・汚れを引き受けて、
十字架にかかり、
あなたを赦してきよめて癒してくださるのです。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿