2019年9月20日金曜日

身を低くして声をかけてくださるイエス・キリスト


ひとりのサマリヤの女が水をくみに来た。

イエスは

「わたしに水を飲ませてください」と言われた。

          ヨハネの福音書47



 主イエスは、
スカルというサマリヤの町に来られました。
そこにはヤコブの井戸があリました。
イエスは旅の疲れで、
井戸のかたわらに腰をおろして休んでおられました。
真昼頃(ユダヤでは第六時と言います)です。
そこへ、ひとりのサマリヤの女が
水をくみに来たのです。
イエスはその女に
「わたしに水を飲ませてください」と言われました。
そのとき弟子たちは食物を買いに、
町へ出かけていていませんでした。
そこで、そのサマリヤの女はイエスに言いました。
「あなたはユダヤ人なのに、
 どうしてサマリヤの女の私に、
 飲み水をお求めになるのですか。」
―ユダヤ人は雑婚してしまっていたサマリヤ人を
軽蔑し見下げていたので、
つきあいをしていなかったのです。
それだけではなく、
男性のレビ、つまりイスラエルの教師が
女性に声をかけることは、当時しなかったのです。
ですから、男性である
人としてはユダヤ人のイエス・キリストが、
サマリヤ人の女に声をかける、お願いをする
などということはあり得ないことだったのです。
でもイエス・キリストはされました。
どうしてでしょう。
そうしなければ、
このサマリヤの女から声をかけられることなど
あり得なかったからです。

イエスは、
自らへりくだって
自分からサマリヤの女に声をかけられたのです。
井戸の傍らに腰を下ろしておられたイエスは、
このサマリヤの女よりも低いところから目をあげて
このサマリヤの女に「わたしに水を飲ませてください」
と頼まれたのです。
どうしても、
このサマリヤの女を罪の泥沼から救い、
サマリヤの町の人々を救い出したいと
願っておられたからです。

あなたが今、
どんな泥沼に落ち込んでいても、
あなたの愛する大切な人が
もうどうしようもない状況になっていても、
あきらめないでください。
主イエスは、
あなたを愛し、
その大切な人を愛して、
その人のところに行き、
身を低くして
その方に目をとめ声をかけてくださる方なのです。
そして必ずその泥沼から救い出してくださるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿