2019年7月22日月曜日

キリストと共に、いつも喜んで生きる


いつも喜んでいなさい。

第一テサロニケ人への手紙516



今日は私の母の誕生日です。
母は目が悪く一級視覚障害者です。
元々はとても暗い青春時代を
過ごしていたようです。
ところがイエス・キリストに出会い、
その愛と赦しに触れて
本当に明るいとても肯定的な、
つまり信仰の人になりました。

母は父とよく祈っていました。
今は父が召されて天に帰ったので、
一人でよく点字の聖書を読んでいます。
暇さえあれば読んでいます。
そして、私たちが行くと
必ずお祈りを一緒にします。

母はもう87歳になりましたが、
気持ちはとても若く明るいのです。
あの明るさの秘訣は、
いつも共にいる主イエスと
生活しているからなのだと思います。

「いつも喜んでいなさい」
そんな簡単なことではありません。
でも、
イエス・キリストの十字架の愛を知り
赦しを体験した時、
私たちは
嬉しくて嬉しくてたまらなくなります。
そのキリストに心を向け、
キリストと共に生きていく時、
いつも喜んでいることが
できるようになるのでしょう。

私もあなたと共に、
いつも喜んでいることができるように、
主イエス・キリストの十字架の愛の中で、
いつもイエス・キリストに
心を向けて生活し生きていきたいと願います。

0 件のコメント:

コメントを投稿