2019年7月11日木曜日

永遠に残る「アガペー」の愛

711日(木)

     こういうわけで、

いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。

  その中で一番すぐれているのは愛です。

              コリント人への手紙1313


私たちが生きているこの地上は永遠ではありません。
いつか終わりが来、そして滅びます。
私たちにも死という終わりがあります。
しかし、それで終わりではありません。
死は終わりではなく永遠への始まりです。

イエス・キリストの十字架を信じ、
その愛を受け入れた人々には永遠の命、
神と共に永遠に生きることができるのです。

地上のものはいつか朽ちていきます。
しかしいつまでも残るもの、
永遠に朽ちないものがあります。
それが信仰と希望と愛です。
その中で一番すぐれているのは愛です。

この愛は「アガペー」の愛です。
つまり神の愛なのです。
十字架で示された神の愛の極み、
この愛であなたも私も愛されています。
その愛を今も注がれているのです。

イエス・キリストを信じて
キリストと共に歩き始めると、
その愛の中を歩むことができます。
その永遠の愛の中を
共に歩き続けていきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿