2019年6月29日土曜日

十字架につけられた方、イエス・キリスト


なぜなら私は、あなたがたの間で、

イエス・キリスト、

すなわち十字架につけられた方のほかは、

何も知らないことに決心したからです。

       コリント人への手紙 第一 22



パウロにとって、
イエス・キリストに出会ったことは、
全く人生を変えました。
そして彼にとってイエス・キリストとは、
十字架につけられた方、
パウロを愛して、ご自分の命まで捨てて、
十字架にかかり、呪われたものとなって
罪の贖いをなしてくださった方でした。
パウロは博学で知識と知恵に富んでいました。
しかし、パウロは、
すぐれたことばやすぐれた知恵を用いて、
神のあかしを宣べ伝えることはしなかったのです。
なぜなら、コリントの人たちの間では、
イエス・キリスト、
すなわち十字架につけられた方のほかには、
何も知らないことに決心したからです。
しかも彼らといっしょにいたときのパウロは、
弱く、恐れおののいていました。
パウロは、
説得力のある知恵のことばによって
福音宣教を行ないませんでした。
パウロの宣教は、御霊と御力の現われでした。
それはコリントの人たちの持つ信仰が、
人間の知恵にささえられず、
神の力にささえられるためでした。
十字架は、そして十字架のことばは
信じるものには神の力、神の最高の知恵なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿