2019年6月26日水曜日

十字架は神の愛と力の現れ


十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、

救いを受ける私たちには、神の力です。

         コリント人への手紙 第一 118



イエス・キリストは私たち一人一人の罪の身代わりとなって、
罪の罰・裁き・呪い・病気のすべてを背負って、
十字架で死んでくださり、
よみである地獄に行ってくださいました。
それによって私たちは罪が完全に赦されたのです。
私たちが、自分の罪を悔い改めて、
このイエス・キリストの十字架を信じるなら、
救われ永遠の命をいただくことができるのです。

この十字架のことばは、
信じて救われる人にとっては神の力ですが、
信じない人々にとっては
愚かにしか見えないことでしょう。
でも信じない人々は永遠の滅びに至ってしまいます。

十字架は、神の愛の極みが現されたところです。
これは人の力では理解できません。
聖霊の助けと恵みの中で
初めて信じることができます。

愛する人が、
この十字架の愛に気づき、
自分の罪を悔い改めて、
信じることができるように祈りましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿