2019年5月27日月曜日

神の国に入る

5月27日月曜日

「私たちが神の国に入るには、

 多くの苦しみを経なければならない」

        使徒の働き1422




群衆はパウロが
歩いたことがなかった足のきかない人を癒した時、
パウロとバルナバにいけにえを捧げようとして
神のようにあがめようとしました。
ところが、
アンテオケとイコニオムからユダヤ人たちが来ると、
彼らに群衆は抱き込まれ、
パウロを石打ちにして、
町の外に引きずり出しました。
死んだと思ったからです。

人は簡単に変わってしまうものです。
私たちは人の言葉や態度に翻弄されることなく
主イエスの御心の中を生きていきましょう。
しかし、
弟子たちがパウロを取り囲んでいると、
彼は立ち上がって町にはいって行きました。
その翌日、
彼はバルナバとともにデルベに向かい、
彼らはその町で福音を宣べ、
多くの人を弟子としてから、
ルステラとイコニオムとアンテオケとに引き返して、
弟子たちの心を強め、
この信仰にしっかりとどまるように勧め
「私たちが神の国に入るには、
 多くの苦しみを経なければならない」
と言いました。確かに、
私たちが神の国にはいるためには、
多くの苦しみを経なければなりません。
でも、いつも主イエスが共にいて、
パウロを助けたように
私たちを助けてくださいます。
だから安心して、
神の国に向かって、
主の御心とされる道を歩んでいきましょう。

イエス・キリストは
いつも共にいて
守り支え導いてくださいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿