2019年5月24日金曜日

囚人たち全員を解き放たれた神の愛とキリストの恵み

524日(金)

ところが突然、大地震が起こって、獄舎の土台が揺れ動き、たちまちとびらが全部あいて、みなの鎖が解けてしまった。

               使徒の働き1626


パウロとシラスは、
奥の牢の中で真夜中に賛美と感謝を主に捧げ祈ってると、
囚人たちは聞き入っていました。
ところが突然、大地震が起こって、
獄舎の土台が揺れ動き、
たちまちとびらが全部あいて、
みなの鎖が解けてしまったのです。
神の手が動いたのです。
奇跡が起こりました。

目をさました看守は、
見ると、牢のとびらがあいているので、
囚人たちが逃げてしまったものと思い、
剣を抜いて自殺しようとしました。
当時は囚人たちを逃すと
看守が責任を取らされて殺されたのです。

そこでパウロは大声で
「自害してはいけない。
 私たちはみなここにいる」と叫びました。
看守はあかりを取り、駆け込んで来て、
パウロとシラスとの前に震えながらひれ伏しました。

地震が起こったとき、
扉が全部あいて、みんなの鎖が解けました。
こんなことは普通起こりません。
まさにこれは神の御業です。
パウロとシラスの扉があいて
鎖が解けるのはわかります。
しかし、囚人たちの扉も全部開き、
鎖も全員解けました。
これが聖書の神です。
神さまの愛です。

パウロとシラスが
心から賛美と感謝を捧げ祈ったとき、
主である神は、
パウロとシラスだけではなく、
聞き入っていた囚人たちを
全員解放されたのです。
しかも単に鎖が解けたのではありませんでした。
囚人たちの心の鎖、悪の鎖が解けたのでした。
看守が目覚めたとき、
囚人たちは全員逃げたと思いました。
昨日までの囚人たちは、
すきあらば逃げようとしていたからです。
ところが、牢の中に入ると囚人たちは
誰一人逃げていなかったのです。
看守にとっては
地震よりこちらの方が驚きだったでしょう。
囚人たちを一晩で変えてしまった
パウロとシラスに驚きました。
もちろん、それは神様の愛の業、
主イエス・キリストの恵みでした。
度肝を抜かれて
看守はふたりを外に連れ出して
「先生がた。救われるためには、
 何をしなければなりませんか」と聞きました。
その答えと続きは、また明日・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿