2019年4月1日月曜日

人にはできないが神にはできる


イエスは言われた。

「人にはできないことが、神にはできるのです。」

                                           ルカの福音書1827


ある役人が、イエスに質問しました。
「尊い先生。私は何をしたら、
 永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」
イエスは彼に答えて言われました。
「なぜ、わたしを『尊い』と言うのですか。
 尊い方は、神おひとりのほかにはだれもありません。
 戒めはあなたもよく知っているはずです。
『姦淫してはならない。殺してはならない。盗んではならない。
 偽証を立ててはならない。父と母を敬え。』」
すると彼は言いました。
「そのようなことはみな、小さい時から守っております。」
イエスはこれを聞いて、その人に言われました。
「あなたには、まだ一つだけ欠けたものがあります。
 あなたの持ち物を全部売り払い、
 貧しい人々に分けてやりなさい。
 そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。
 そのうえで、わたしについて来なさい。」
すると彼は、これを聞いて、非常に悲しみました。
たいへんな金持ちだったからです。
イエスは彼を見てこう言われました。
「裕福な者が神の国にはいることは、
 何とむずかしいことでしょう。
 金持ちが神の国にはいるよりは、
 らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」
これを聞いた人々は
「それでは、だれが救われることができるでしょう」
と言いました。
その時、イエスが言われたのです。
「人にはできないことが、神にはできるのです。」

神の国に入る。
つまり、イエスを救い主キリストと信じて、
永遠の命を受けることは、
人の努力や願いではできないことですが、
神にはお出来になります。

私たちが神により頼み、
主イエスに祈り、すがり、求める時、
人々は救われるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿