2019年3月20日水曜日

恐れるべきお方


おおいかぶされているもので、現わされないものはなく、

隠されているもので、知られずに済むものはありません。

              ルカの福音書122


イエスは弟子たちに、
当時の指導者であり宗教エリートであったパリサイ人のパン種、
つまり偽善に気をつけなさいと、こう言われました。
おおいかぶされているもので、現わされないものはなく、
 隠されているもので、知られずに済むものはありません。
 ですから、あなたがたが暗やみで言ったことが、明るみで聞かれ、
 家の中でささやいたことが、屋上で言い広められます。
 そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。
 からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。
 恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。
 殺したあとで、ゲヘナに投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。
 そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい」と。

私たちは人間を恐れやすい者です。
特に立場や権威のある人を恐れ、
自分の生活に影響を及ぼす人に対して恐れを持ちやすい者です。

でも、私たちが恐れなければならない人は、真の神さまです。
人を恐れると罠に陥ります(箴言)。
主を恐れる者は乏しいことがなく、
主に身を避けるものは恥を見ることがありません。
主に信頼するとき、必ず主イエスは守ってくださいます。

この方を恐れて歩んでいきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿