2019年3月1日金曜日

イエスの着物にふれていやされた女



「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。

    安心して行きなさい。」

          ルカの福音書848


十二年の間長血(婦人病)をわずらっている女がいました。
この女は、誰にも直してもらえなかったのですが、
イエスのことを聞くと、
イエスのうしろに近寄って、
イエスの着物のふさにさわりました。
すると、たちどころに出血が止まったのです。
その瞬間、イエスは
「わたしにさわったのは、だれですか」と言われました。
みな自分ではないと言ったので、ペテロが
「先生。この大ぜいの人が、ひしめき合って押しているのです」
と言って誰かわかりませんというと、
イエスは「だれかが、わたしにさわったのです。
わたしから力が出て行くのを感じたのだから」と言われました。

この女は、隠しきれないと知って、
震えながら進み出て、御前にひれ伏し、
すべての民の前で、イエスにさわったわけと、
たちどころにいやされた次第とを話しました。
イエスは彼女に言われました。
「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。
 安心して行きなさい」と。

誰にも直してもらえず悪くなる一方だったこの女は、
イエスのことを聞いた時、
きっとこの方なら直してくださると信じ、
イエスの後ろから着物のふさに触りました。
さわりさえすれば直ると信じていたからです。
そして、その信じた通りに直りました。

あなたにも今まで、
どの病院に行っても直らなかった病気があるかもしれません。
どうしても解決できない問題があるかもしれません。
でも、イエスのところに来てください。
きっとイエス・キリストは癒し解決してくださると信じて、
イエスに会いに教会に行き、聖書に触れましょう。

そのとき、イエス・キリストは
「あなたの信仰があなたを直したのです」と言われ、
病気を直し、問題を解決してくださいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿