2019年2月28日木曜日

主が語られたら大丈夫


「さあ、湖の向こう岸へ渡ろう。」

       ルカの福音書822


ある日のこと、
イエスは弟子たちといっしょに舟に乗り
「さあ、湖の向こう岸へ渡ろう」と言われました。
それで弟子たちは舟を出します。
舟で渡っている間に
イエスはぐっすり眠ってしまわれました。
きっと疲れておられたのでしょう。
あまりにもハードな毎日だったので・・・

ところが突風が湖に吹きおろしてきて、
弟子たちは水をかぶって危険になりました。
そこで、彼らはイエスに近寄って行って
「先生、先生。私たちはおぼれて死にそうです」
と言って起こしました。
イエスは、起き上がると、
風と荒波とをしかりつけられたのです。
すると風も波も治まり、なぎになりました。
そしてイエスは彼らに言われました。
「あなたがたの信仰はどこにあるのです」
弟子たちは驚き恐れて
「風も水も、お命じになれば従うとは、
 いったいこの方はどういう方なのだろう」
と互いに言いました。

主の言葉で、
向こう岸に向けて出発したのに、
嵐が来ました。
神の言葉で始まっても
嵐はやってきます。
試されます。

でも神の言葉で始まったなら、
必ず向こう岸につけるのです。

風や波を見て恐れた弟子のように、
状況に振り回されて、
恐れ不信仰になってしまわないように
気をつけましょう。

弟子たちは主のところに行き、
主イエスを起こしました。
私たちも主イエスのところに行き、
主イエスに起きていただきましょう。

イエス・キリストは起き上がり、
私たちを、不信仰と叱る前に、
まず波と風に向かって
「静まれ」としかりつけて
凪にしてくださいます。

そして必ず向こう岸につけるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿