2018年12月30日日曜日

愛の神である主イエスには、どんなことでもできる


イエスは彼らをじっと見て言われた。

「それは人にはできないことですが、

 神は、そうではありません。

 どんなことでも、神にはできるのです。」

          マルコの福音書1027



イエスは、弟子たちに言われました。
「裕福な者が神の国にはいることは、何とむずかしいことでしょう。」

これを聞いて弟子たちが、イエスのことばに驚いていると、
イエスはさらに重ねて、こう言われたのです。
「子たちよ。
 神の国にはいることは、何とむずかしいことでしょう。
 金持ちが神の国にはいるよりは、
 らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」

ラクダが針の穴を通ることなど絶対にできません。
つまり不可能だということです。
弟子たちは、ますます驚いて
「それでは、だれが救われることができるのだろうか。」
と言っていると、
イエスは、その弟子たちをじっと見て言われました。
「それは人にはできないことですが、神は、そうではありません。
 どんなことでも、神にはできるのです。」と。

そう、
人には、
金持ちはもちろん、
誰一人救うことはできません。

でも、主イエスには不可能はないのです。

どんな人も救われるのです。
金持ちも貧しい人も、
高齢者も若者も、
第一線でバリバリに働いている人も、
今は引きこもりニートをしている人も、
どんなに心が痛み精神が病んでいる人も、
イエス・キリストには、救うことがお出来になります。

アガペーの愛である神、
イエス・キリストはあなたを、
一人ひとりを、愛しておられるからです。

神にはどんなことでもできるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿