2018年12月22日土曜日

イエスを愛していたのにサタンに用いられたペテロ

222日土曜日

しかし、イエスは振り向いて、

弟子たちを見ながら、ペテロをしかって言われた。

「下がれ。サタン。

 あなたは神のことを思わないで、

 人のことを思っている。」

                                        マルコの福音書833


イエスは、
ご自分がかかる十字架のことを、
弟子たちに語り、教え始められました。
「人の子は必ず多くの苦しみを受け、
 長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、殺され、
 三日の後によみがえらなければならない」と。

しかも、はっきりとこの事がらを話されたのです。

するとペテロは、
イエスをわきにお連れして、いさめ始めました。
しかしこのとき、イエスは振り向いて、
弟子たちを見ながら、ペテロをしかって言われました。
「下がれ。サタン。
 あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」と。


ペテロはイエスを愛していました。
神の子である救い主のあなたに、
そんなことが起こるわけがないと
イエスを、かたわらにお連れして、いさめ始めたのです。
イエスさまより、気がつかないうちに
自分の方が偉くなってしまっていました。
そして人の考えで、
神様の計画である十字架にぶつかってしまいました。

十字架以外に罪人の私たちを救う道はないのです。

イエス・キリストより高くなると、
神様の御心や計画とぶつかってしまいます。
知らないうちにサタンに惑わされてしまいます。

私たちも、イエスの言われることが、
そのとき理解できなくても、わからなくても、
イエス・キリストが語られることを
素直な心で、へりくだって受け取りましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿