2018年11月22日木曜日

親子より夫婦が土台


人はその父と母を離れて、その妻と結ばれ、

ふたりの者が一心同体になるのだ。

            マタイの福音書194



日本では、夫婦より親子の絆の方が、強く確かと思われているように思います。
夫婦は他人だけど、親子は血が繋がっているからです。

もちろん、
聖書も父母を敬うこと、
子供を主の教えによって愛を持って育むことを教えています。

しかし、親子の前に「夫婦」がまず土台なのです。
まず最初にアダムとイブが創られ、
それから子どもたちが生まれたのです。

聖書には、結婚する時、
父母を離れ妻と結ばれ、二人のものが一心同体になると書いてあります。
父と母を離れ、妻と一つとなる。
これは、とても大切なことです。
結婚するとき、
それまで親の権威の下で守られていたところから、
妻は夫の権威の中に入るのです。
夫は神さまの権威の下で、妻を守るのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿