2018年11月20日火曜日

砕かれた心は奇跡をもたらす


「ああ、あなたの信仰はりっぱです。

その願いどおりになるように。」

       マタイの福音書1528



娘がひどく悪霊に取り憑かれているカナン人の女が、
イエスのところに来て「憐れんでください」と叫びました。
しかしイエスは、彼女に一言もお答えにならず、
それどころか、こう言われたのです。
「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外のところには遣わされていません」と。
これは、わたしはユダヤ人のところに遣わされていて、
異邦人であるカナン人のあなたには遣わされていないということを意味します。

それでも、この女はあきらめることなく、
イエスの前にひれ伏して
「主よ。私をお助けください」と言いました。

するとイエスは、それに答えて
「子どもたちのパンくずを取り上げて
 子犬に投げてやるのは良くないことです」
と答えられたのです。
普通ならこれであきらめるか、
あるいは逆に怒り出す人もいるでしょう。

ところが、この女の人は
「主よ。そのとおりです。
 ただ子犬でも主人のパンくずはいただきます」
と答えます。

すると、そのときイエスは彼女に、こう言われました。
「ああ、あなたの信仰はりっぱです。
 その願いどおりになるように。」
そしてそう言われると、
彼女の娘は、その時から直ったのです。

あなたにも、
全くイエスが祈りを聞いてくださっていないように思えたり、
無視されているように思えることがあるかもしれません。

でも、このカナン人の女のように、
確かに自分は偶像礼拝をはじめ、罪が溢れている異邦人ですと罪を認め、
それでも、そんな私にも主は憐れみをかけてくださるということを信じて祈るなら、
主は、必ずその信仰に答えてくださるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿