2018年11月11日日曜日

自分の十字架を負って


だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。

             マルコの福音書834



イエス・キリストは
群衆を弟子たちといっしょに呼び寄せて、
彼らに言われました。
「だれでもわたしについて来たいと思うなら、
 自分を捨て、自分の十字架を負い、
 そしてわたしについて来なさい。」と。

自分を捨てる、
つまり自分の考えや自分の価値観、自分の義を捨てて、
イエスさまが言われることに従っていく。
この時大切なのは、他人の十字架を見て比べないことです。
自分の十字架は、他の人にはわかりません。
しばしば、隣の芝生は青く見えます。

でもイエス・キリストは、
あなたが自分の十字架を負い、
主イエスについていくなら、
特別な恵みと愛を持って
あなたを支え導いてくださるのです。

最後まで、
主の恵みによって自分の十字架を負い、
愛する主イエスに従いていきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿