2018年10月26日金曜日

聖書の愛なる神は、最善にして最高をなしてくださる


イエスは答えて言われた。
 「神を信じなさい。」

   マルコの福音書1122



神を信じる。
信仰の秘訣はこの言葉につきます。
では神を信じるとは、どういうことなのでしょうか。

神を信じるとは、
まず泰一に、神の言葉を信じることです。
神の言葉である聖書、神が語られた言葉、
もちろん吟味をしないといけませんが、
確かに吟味し見分け確認できたなら、
その語られた神の言葉を信じることです。

そして次に、その土台ともなることですが、
神を信じるということは、
神が愛の方で、私を愛しておられ、
私に最善にして最高を与えてくださると、
信じることです。
物だけではなく、導きや出会いも含めて、
必ず最善をなしてくださる、
一番良いことをしてくださると、
信じることです。

神さまは、ひとり子のイエス・キリストを、
あなたのために十字架にかけられ、
イエス・キリストは黄泉に降られました。
それほどまでに、あなたを愛されている方が、
あなたに最善をなし、最高の道を用意しないわけがありません。

まず、そのことを信じましょう。
それは本当で真実だからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿